AMP化二度目の挫折。移行するにはまだ早い?

※ 本日の記事はブログ運営に関する内容です。

 

GoogleからAMPのセミナー動画が送られてきた

 

メディア運営者の人はご存知かと思いますが、先日GoogleからAMPのセミナー動画の案内メールが送られてきました。

30分ほどの動画でしたが、要は…

 

みんなとっととAMPにしてよ!

 

ということですよね(^^;

 

技術的なことはよくわからないけれど、要するにAMPって独自の記述方法や規則などによってページの表示速度を上げよう!というものですよね。確かに、ページの表示速度ってメチャメチャ大事です。

 

私自身、短気な性格なので読み込みのバーが

 

グーググググーーーー

 

となかなか開かなかった場合、5秒くらいで

 

ハイ、×

 

という行動をとることは良くあることです^^

 

だから、わかるんです。速度向上の大切さを。AMPに移行することの重要さを。

 

AMP最大の(?)問題点・・・レイアウトの崩れ

 

んで、前に一度AMPへの移行をトライしてみたんです。移行というかAMP用のページを別に作る感じですかね。AMP用のページはボタン一つですぐにできるのでそんな大変な作業ではないのですが・・・レイアウトがめっちゃめちゃに^^

 

Alouette
ひー!CSSも勉強して見やすい読みやすい探しやすいレイアウトを研究してきたのに!!!

 

今までやってきた自分の努力を一瞬で吹き飛ばされてしまったようなレイアウトを見て驚愕してしまいました。確かにこれなら表示速度は速くなるでしょうね。余計な物省きまくってるんですもん。昔i-mode専用のページを作ったことを思い出しました。(i-modeなんて知らないか・・・)。

 

確かにブログを読む側の人は『情報(文字や写真)さえわかればいい、凝ったレイアウトはいらない』という人もいるでしょう。しかし、なんというか・・・見出しの形や色だけでなく改行の数一つにとっても長くブログ運営をしてきた中で「読みやすさ」を研究した結果、ようやく今の形になったんですよ・・・。これを今すぐやめてAMPにせいっ!と・・・いくら天(google)の声だとしてもすぐに応じれない!

 

「AMPは検索順位に影響しない by Google」 その理由は?

 

しかも、AMPにしたからといって検索順位には関係ないよ、と言われたらなおさら移行するメリットがないです。勝手な想像ですが「AMPの順位を上げるから!」と決めることは独禁(競争法)とか、なんかの法律に引っかかる恐れがあるのだと思います。AMPってGoogleとTwitterが作った仕組みなので、すでにプラットフォーム(Androidのこと)を抑えてる会社が掲載順位をエサにAMP化を(半)強制的にやらせてしまうと、今まではOS、Web検索、ブラウザ、動画(Youtube)、地図という場がメインだったのに(この時点ですでに恐ろしいですが)コンテンツまでその影響力が及んでしまうと言う・・・かなりモノポリーな状態になってしまうと思うのです。

 

Alouette
AMPの独自タグによってWebエクスペリエンスの情報も独占されちゃう

 

アメリカのIT関連のニュースサイトを検索してみたのですが、アメリカやヨーロッパではやはりGoogleがWeb広告市場を独占しまくる勢いになっている現状に方々から批判が起こっているようです。全てのコンテンツがAMP化されてしまったら、Ghosteryなどのタグ解析サービスを完全に締め出すこともできるようになりかねません。

 

ですので「検索順位に影響します!」とは言えないのでしょう。その代わり「AMPにすれば速度があがるからその結果検索順位があがるかもしれないね!」という言い方にしているのかもしれません(笑)

 

Alouette
検索表示時間を短縮すること自体は悪いことではないですしね!

 

プラグインを使ってAMP化したページを生成してみた

 

とはいえ、私のような弱小ブロガーはGoogle様の意向に従うしかないので(笑)AMP化に取り組んでみましたよ。

AMP for WPというプラグインをインストール

プラグイン検索ででAMPといれるとすぐに出てくると思います。↓こんなマークです。

 

AMP for WP

 

んで、「5分できる~・・・」的なブログ記事を参考に作ってみようと思ったのですが・・・AMP fpr WPが上手く動かない・・・。というか、メニューがほんの少ししか表示されない。上手く稼働してないようです。THORと相性が良くないのかも。

 

 

これだけ・・・。他の人が紹介している画面と全然違う。。。他のプラグインを停止したり色々やってみましたが・・・だめだ。。。

 

Alouette
AMP for WPは諦めました~~~

 

Googleの公式(?)プラグイン『AMP』を試す

 

で、次に試したのが『AMP』。

 

AMP

 

「ボタンポチですぐにAMPページが生成されるよ」とセミナー動画でも言っていたので、最初からこちらを使っておけばよかったのですが、他のブログで『AMP』よりも『AMP for WP』の方が色々設定できるよ、と書かれていたので先にそっちを試してみたのです。

 

とりあえず Standard で試してみよう。

 

ポチっとな・・・・

 

簡単にAMPのページができました!!

 

Alouette
なーんだ最初からこちらでやればよかった!

 

通常のページとAMPのページを比べてみる

 

↓こちらがAMP化する前のTOPページ。長年放置しているブログですが、記事もプラグインも一番少ないので試してみました。

 

 

 

non_amp

 

 

 

URLの最後に/ampと足してみてみます(ページがAMPに変わると言うより、AMPのページが別途作られます)。

 

 

 

amp

 

 

Alouette
えええ、、、全然違う・・・・・

 

もう、無駄なものをとことんそぎ落として読者が知りたい情報(テキストと画像)だけを表示したらこうなりました!!!という感じ。

 

いえ、以前もAMPにチャレンジしたことがあるのでわかってはいたのですが、あまりに殺風景な見た目に「今までの努力は・・・」と再度落胆しました。

 

それでも!!これはモバイル用のページだし、新しくAMP用のページを作るだけで、通常バージョンがなくなるわけじゃないもんね。

 

表示速度はどのくらい変わったのか

 

表示速度を計るオンラインツール(Page speed insights)で測ってみました。

通常のバージョン

 

 

Alouette
さーてこの数値がどれくらい変わるのかな!?ワクワク

 

AMPバージョン↓

 

 

Alouette
おぉーーー!!!・・・・・・おぉ?

 

確かに数値は上がっているけれど・・・そんなに劇的に変わっ・・・てるのかな??緑ゾーンにも入ってないし…。

 

ま、まぁそれでも速度が遅いより早い方が良いに決まっているので、モバイル用のページはAMPでも良いのかな。

 

とこの時点ではAMPに前向きだったのですが・・・

 

 

アドセンスの広告が・・・表示されない!!

 

やっぱりやめた理由がこれです。アドセンス広告が全く表示されなくなってしまいました

 

セミナーの動画をもう一度見直して、アドセンスのページからディスプレイ広告を選んでみたり、自動広告を設定してみたり色々やってみましたが・・・ダメでした。2日間待ってみましたがそれでも表示されませんでした。

 

この事でもう・・・力尽きてしまいました。

 

いくらページがはやくなってもアドセンスが表示されなければ意味ないじゃん。私だけじゃなくてGoogleにとっても意味がないですよね。サイトにコードを1つ埋め込むだけで自動で配置広告もやってくれちゃうというのも・・・システムに任せて良かったためしがないので今回導入は見送ります。

 

まとめ

 

Googleに限らずだけどIT系の用語ってほぼすべて英語を無理やり日本語に訳したものだから、ひじょーーにわかりづらいです。なのでAnalytics や AdSense, search console もはっきり言って好きではないので(項目がよくわからないんだもん)ヘルプを読んでいる間も胃がキリキリしていました。

 

少しのスピードUPの為に未来に起こりうるリスクまでとるのは・・・現時点ではナシかなぁ。今回はAdSenseに影響が出ていたけど、それ以外にも他のプラグインやカテゴリー、タグなどに影響がでないとも限りません。特に私の場合、運営しているブログのほとんどに有料テーマ入れちゃってるし。

 

Alouette
世のメディア運営者の多くがAMPに移行するかどうか迷っている内に、光回線が先に音速レベルになってそう(^^;