ククーモナミ!☆

5歳&1歳姉妹の育児。ディズニー英語システム(DWE)の詳しい解説、その他の幼児教育の紹介も!

(4歳)ヤマハ音楽教室の幼児科に4か月通ってみた感想

      2018/08/25

4歳娘がヤマハ音楽教室幼児科に4か月通ってみた

「ドレミファソーラファミ・レ・ド~♪」のCMで有名なヤマハ音楽教室に今年の4月から通っています。

スポンサーリンク

通い始めたきっかけは夫の「そろそろピアノ習わせないと。」という一言。子どもにピアノを習わせるのは当然だと思っていたようです。私も子供の頃ピアノを習っていました。夫はエレクトーン。夫の母にも「音楽はやっておいたほうがいいよ~」と言われ…。重い腰を上げてしぶしぶ音楽教室の体験レッスンに行ってきたのです。

なぜしぶしぶかというと・・・私がピアノ大嫌いだったんですよね~。私は幼稚園~小学校3年生くらいまでピアノの個人レッスンを受けていたのですが、どうも先生にあまり好かれていなかったようで、レッスン中は文句ばかり言われ発表会も好きな曲は弾かせてもらえませんでした。3年生の時にやめて以来アップライトのピアノは置物同然に。「タケモトピアノに持ってってもらいなよ」と言いましたがいまだに実家のリビングにあります。

義母は「音感は5歳までだよ!」といい、夫は「将来音楽のテストとかで無駄な勉強をしなくて済む!」というなんとも微妙な理由で音楽を習わせたいらしいです。うーん・・。

個人のピアノ教室へ体験レッスンに行ってみた

1年ほど前、個人経営のピアノ教室の体験レッスンを受けました。素敵な白のグランドピアノで音大出の有閑マダムがマンツーマンで教えてくれるのですが・・・。娘は最初の5分で飽きてしまいピアノをジャンジャン適当に弾いた後「もう帰る~」と言い出して・・・残り20分苦痛でたまりませんでした(笑)先生からも「まだちょっと早いかもしれませんね」と言われてしまう始末。あーこの子にピアノは無理だ、と思いました。

しかし、年中にあがってから夫に「ピアノはまだ習わせないのか」とせっつかれ仕方なくヤマハ音楽教室幼児科の体験レッスンに参加しました。

ヤマハ音楽教室幼児科は親子一緒にレッスンを受ける

体験レッスンは、エレクトーンが6台ほど並んだ狭い教室で親子1組で1台に座ります。つまり6組のグループレッスンです。曜日固定なのでこの6組で2年間レッスンを受けます。下の子や上の子を連れてきている人もいました(通常のレッスンでも兄弟連れOKです)。ちなみに幼児科は4~5歳なのでみんなだいたい同じ年齢です。

使う楽器は主にエレクトーンです。YAMAHAイチオシのエレクトーンSTAGEA(ステージア、60万くらいする)の子ども用STAGEA mini(20万くらい)を使います。

ヤマハのレッスンの特徴を端的に説明すると…『とにかく飽きさせないように次へ次へとレッスンを進めていくスタイル』という感じです。

以前行った幼児教室コペルの体験レッスンを思い出しました。

3歳の娘と幼児教室コペルの無料体験レッスンに行ってみた

1日の流れは例えばこんな感じです:

エレクトーンを弾いてみる→前に出て先生のピアノの前で歌う→エレクトーンへ戻り次の曲をCDに合わせて弾く→シールを貼る→(続く

1つ1つの曲や歌は5~10分程度で、とにかく次、次、と進んでいくので子どもが気が散る隙を与えません。

これは・・・すぐに気が散ってふざけだす我が娘には良いレッスン形式!

ちょうど空いている曜日にレッスンがあったので即入会を決めました。

ヤマハ音楽教室幼児科の入会金とレッスン料は?

入会金 – 10,000円

レッスン料(月額) – 6,000円

施設費(月額) – 2,300円

教材費(1年合計) – 約16,000円

おそらくこの他にも発表会のお金などがかかってくると思います。教材費高いなー。

入会を決めてから数後日、親だけの説明会で・・・

入会を決めてから数日後、親だけを集めた説明会がありました。レッスンに対する心構え、自宅での練習方法、楽器の選び方などなど。希望を胸いっぱいに先生のお話を聞いていましたが・・・途中からあることに気付き始めました。

 

ん?

 

んんん?

 

あれー・・・これってもしかして・・・・

 

 

だんだんと自分が楽器販売のセールストークをされていることに気付きました!(爆)

 

 

「2年後幼児科を終えた後、ピアノコースかエレクトーンコースに進む人が多く、その時に初めからちゃんとした楽器を買えばよかったと後悔される方がいらっしゃいます。楽器は初めから良いものを買うべきです!」

「ピアノなら生ピアノ。アップライトでもよいがなるべくグランドピアノ。」(置き場ないよ・・・)

「エレクトーンならステージア(上にも書いた60万くらいするやつ)がお勧めです」

「電子ピアノやキーボードはやめてあげてください。音もタッチも全然違います。後で矯正することになりますよ!」(ヤマハも電子ピアノ売ってるじゃん)

「楽器の事で悩まれている方は是非ご相談くださいね!!」

 

などなど。これ全部本当に言われたんですよ~。というか、ピアノかエレクトーンかどちらに進むかもまだ決めていないのにいきなり上位モデルの楽器なんて買えないっすよw しかもエレクトーン60万て!!

なんだか押しが強くて引いてしまい、しばらく入会したことをモンモンと後悔しました・・・。

帰宅してからネットで調べてみましたが、楽器のセールスは直営店か特約店かなどでスタンスが違うようです。我が家が選んだ教室はたまたまセールスに熱心な教室のようで、他の教室に通っているお友達に聞きましたが、まったく営業されなかったと言っていました。

夫に話したら「乗せられるな!キーボードで十分だ!」・・・と言うことで、楽器はレッスンが始まってからのんびり探すことにしました。

ぷらいまりーという教科書の通りに進めていく 内容は歌と片手用の演奏曲

最初に渡される教材の中でこの『ぷらいまりー』という教科書がレッスンで一番使います。このプライマリーには超簡単な歌と片手で弾ける曲の楽譜が数曲収められています。DVDとCDも教材に入っています。

レッスン中は基本的にCDを流したり先生が弾くエレクトーンに合わせて歌ったり弾いたりします。歌は幼稚園でのお歌では叫ぼうがボソボソ歌おうがあまり注意されたりしないと思うのですが(少なくとも子供の園では何も言われない)、ヤマハのレッスンでは「もう少し元気よく」「最後は伸ばして~」「もう少し丁寧に」などとチョイチョイ言われます。とはいえまだ始まったばかりなので軽く言われる程度です。

一発目の演奏曲は 『ドドド』

記念すべき第一曲目の演奏曲は『ジェットコースター』という曲ですが1分くらいの曲でひたすら ドドド と弾く曲です。文章で書くと「は?ただドドドだけ?」と思われるかもしれませんがCDで流すアップテンポな曲に合わせて弾くので、子どもとしては1曲弾けた!というプチ達成感を得られるようです。娘は実家に帰ったときに「おばあちゃんに聞かせる!」と張り切っていました(笑)

この時点では、楽譜はト音記号とドの位置だけだけ教わります。

この『ドドド』から始まって、『ドレド』だけの曲、『ドレミ ミレド』だけの曲、『ドレミファミレド』のかえるの曲といった具合にだんだんと弾く鍵盤数が増えていきます。曲はヤマハオリジナルの曲と世界の民謡などがミックスされて出てきます。

『ごきげんぞうさん』という曲。ドレドだけ。

ドイツの曲らしいです。歌詞がついていて最初は歌いますが「ドーミーソソソー」とも歌います。もちろん弾きます。この辺りからもう楽器無し(=自宅練習なし)ではついていけなくなってきました。

ヤマハ音楽教室幼児科 自宅練習用に買った楽器は?

音楽教室での楽器セールストークに引いてしまい・・・自分で豊洲のららぽーとにある島村楽器にいって買ってしまいました(笑)

ピアノの鍵盤数は88です。幼児科でも下手に鍵盤数の少ない電子ピアノやキーボードを買うと足りなくなると聞いていたのでどうしようかと迷っていましたが、店員さんに相談したところ、「幼児科ならこちらで足りますよ」と教えてくれました。

そのキーボードがこちら↓

76鍵盤数ですが、幼児科の内はこれで十分かなと。その後もピアノ科に進みたいと言い出したら、実家にあるアップライトのピアノを持ってこようかなと思っています。

ちなみに、プラス1万円くらいでスタンドと椅子をつけることができます。

機能は超シンプル。ボタンが多いと子どもがポチポチ押しまくるのでこれくらいが丁度よいです。

ヤマハ音楽教室幼児科 宿題はどのくらいでる?

上で紹介した教科書『ぷらいまりー』のほかに『ホームワーク』という冊子もあります。1週間で1~2Pの宿題がでますが、宿題自体はまだ超簡単で1分もあれば終わるものです。

最低限必要な楽譜の読み方などです。

それよりも自宅で3~4曲くらい指定された曲を練習してきてくださいと言われます。そちらのほうが大変です。入会してから4か月ほど経ちますが、自宅で練習しないままレッスンに行くとはっきりいってバレバレです(笑)。我が家ではDWEの時間もとらなきゃならないし・・・正直音楽まであまり手が回らず(私が隙あらばだらだらしているせいもありますが…)、週に1~2回になってしまっています(汗汗

毎日5分でも弾けると良いのですが…。

ヤマハ音楽教室幼児科 入会4か月目 まとめ

まだまだ始めたばかりのヤマハですが、来月あたりから両手弾きになってきそうです。娘はどこまで飽きずに続けられるのか…。私は小学校4年生くらいでやめてしまったので(汗)。

チャイコフスキー国際音楽コンクールピアノ部門で日本人&女性として初優勝した上原彩子さんはヤマハの幼児科出身で、音大に行かなかったにもかかわらず偉業を成し遂げたということで、もし仮に娘が本格的にピアノの道に進みたい!と言い出したとしても今はヤマハで良いのかな~と思っています。

まぁ個人的には『エリーゼのために』が弾けるレベルで十分なんですけどね~。

スポンサーリンク

 - ヤマハ音楽教室 , , ,