ククーモナミ!☆

5歳&1歳姉妹の育児。ディズニー英語システム(DWE)の詳しい解説、その他の幼児教育の紹介も!

女ひとりでDIY!壁紙を自分で貼るのは超簡単でした^^

      2018/11/22

新築マンション標準仕様の壁紙(クロス)はダサい!はがせる壁紙を上から一人で貼ってみました!

壁紙を自分で貼る

スポンサーリンク

 

私は自分でDIYをするのが好きです。女子力が低いので裁縫や料理などチマチマしたのは苦手ですが(笑)、DIYは見た目でもドーンと変化がわかるので何というか、達成感を得られるんですよね~!

今の住まいは新築の分譲マンションですが、購入当時壁紙のことなんてよくわかっておらず・・・超一般的な安物のビニールクロスになってしまいました。

どんなにインテリアや小物にこだわっても、壁がダサいとダメなんです!!ということで、今回は自力で壁紙を貼ってみました!!

 

賃貸でもOK!貼ってはがせる輸入壁紙

 

我が家は賃貸ではありませんが、永住するつもりはなく、将来的に売りに出すか賃貸に出す予定でした。

ですので、最終的には元のビニールクロスの状態に戻したいと思っています。

そこで・・・デザイン壁紙を扱うお店、恵比寿にあるWALPAに直接行って、色々と教えてもらった所・・・

 

「のりを使って貼る輸入壁紙なら綺麗にはがせる」

 

とのこと!

これなら失敗しても取返しが効くし、デザインに飽きても別の壁紙に貼りかえればいいだけだし、、、よさそう!

ということで、今あるビニールクロスの壁紙の上に貼ってはがせる輸入壁紙を貼ることにしました。

※ ちなみに、今の壁紙をはがして壁に直に貼るのは素人だと難しいようです。今貼ってあるような安物ビニールクロスは生地が分厚く、壁(木材やコンクリート等)の凹凸部分が気にならないように仕上がるらしいのですが、輸入壁紙などのデザインクロスは生地が薄いので目立たなくさせるのに技術が必要とのこと・・・

 

自分で壁紙を貼る為に必要な道具は・・・

 

もちろん、糊を塗るハケがあればよいってものではありません^^

でも、そこまで沢山の道具が必要なわけではありません。

私はWALPAさんで薦められた施工道具セットをそのまま購入しました。WALPAさんのサイトからでも購入できますが、楽天でも全く同じセットが売られていたので(こちらのほうが価格も送料も少し安いです…)一応リンクを貼っておきます。↓

 

 

この壁紙キットで3,696円。一度買えば糊以外は何度でも使えます(あ、カッターもそれなりに買い替える必要ありかも)。

一見、余計なものも含まれている抱き合わせ販売のように見えますが(笑)、これらの道具はほぼ全て使います。人に寄るかもしれませんが、少なくとも私は95%使っています。

この糊、一袋で壁紙5~6本はいけます。ご自身が貼る壁の長さを計算して、必要であれば糊(一袋1,000円程度)を買い足してください。

 

先に糊を作っておく!糊は丁寧に作るべし!

 

糊は丁寧に造らないとダマができます。ダマが出来てしまうと、壁紙に凸部分が出来てしまうので、糊づくりは丁寧に行いましょう。

説明書通りに丁寧に作れば、ダマは出来ません。

私は少し馴染みを良くするために、1日前に作って一晩寝かせます(1時間前くらいでも大丈夫です)。

 

いよいよ貼ってみる 順番は上から下へ

 

今回貼る場所は玄関。選んだ壁紙は白いストーン柄です。

 

間近でみないと、壁紙ってわからないです^^

1本(6,000円)では足らず、全部で1.5本くらい。お値段は総額約9,800円

 

さて、いざ貼っていきます!

 

あじけな~いまっさらな玄関の壁…。

私は身長155cmというチビなので、歯磨きなどで子どもが使うステップを使います。

 

実際の作業工程はさすがに施工しながら写真を撮ることは出来なかったので、後から実際の作業と同じようにして撮った写真を貼っていきます^^

 

まずはローラーハケで壁紙一列分の糊を壁に塗ります。すみっこや角の塗りづらい部分は小さいハケで塗ります。

 

その後、壁紙のロールを床に置いて一気に引き上げ、一番上からピッタリと揃えて貼ります。

貼った壁紙の上からブラシでこのように↓左右になでで不要な糊を追い出します。

 

 

そして一番下まで貼ったら、カッターでカットします。

 

 

地ベラで抑えながらカッターを沿わせながら切ります。カッターは刃がかけやすいのでこまめにバキバキ折ってます^^

 

 

1列完成!

 

この後、横にも貼っていきますが、この時注意が必要です。

模様のない壁紙(単色など)なら普通にそのまま一番上から貼って行けばよいですが、今回のように柄モノの壁紙の場合、絵柄のパターンを一番最初の壁紙と合わせる必要があります。

 

このように。

写真でみると、つなぎ目がバレバレですが、これは後で目立たなくさせます。

 

ここの作業が一番大変かも。絵柄のパターンを合わせたことにより、上にはみ出した余分な壁紙をカットしなければなりません。

柄モノだと貼るたびに2~30cm分は損するということですね~(笑)

一番下なら楽ですが、上は大変です。特に私のようなチビには…。

余分な部分の重さのせいで壁紙が剥がれてきてしまいます。

私はとりあえずということでガムテで止めちゃいます。ガムテで止めるとカットしづらくなりますが^^

本当は2人がかりで、一人が押さえる係をしてくれたら楽なんですけどね。。。。

 

壁紙のつなぎ目はジョイントローラーでゴリゴリする

 

壁紙を自分で貼る

 

こんなんでつなぎ目消えるの!?と思ったのですが、やってみると・・・

 

 

ほとんど目立ちません!!つなぎ目、わかりますかね~?目を凝らすとわかるのですが…。

新しく貼った方の壁紙を手でグーッと左に押して山のようになってしまった部分をゴリゴリして平らにならすと目立たなくなるのです。

これ、結構プロっぽくて感動しますよw

コンセントや電気スイッチなどの障害物はどうする?

 

壁には必ずコンセントなどがありますよね。そこはとりあえずそのまま上からかぶせてしまいます。

 

やや慎重に上からカッターでバッテンに切ります。

 

後は、通常のカットと同じように、地ハケで抑えながらカッターで切ります。

よーく見るとそこまで綺麗じゃないのですが、こんなのぜんっぜん目立ちません。というか、職人が貼るクロスも良く見ると微妙な所はいっぱいあります^^

この調子で全部貼っていきました。

 

ビニールクロスに輸入壁紙を貼ってみたビフォーアフター

まず、Beforeです

 

上から輸入壁紙を貼ってみたAfterはコチラ↓

 

つまらない壁からちょっとしたデザイン壁に変身^^

 

施工時間はトータルで2時間くらい。私がチビなのと、1人なのと、道具を上手く腰バッグなどに入れて作業できなかったので(何度もステップから降りたりした)無駄な時間がかかってしまいました。

2人で協力しながら貼って行けば、6帖の部屋なら1時間くらいで行ける気がします。

私は既に色々な場所に貼っています^^

思ったよりも簡単だったので、ちょっとした模様替えを楽しみたい方にお勧めです!!

スポンサーリンク

 - インテリア、模様替え