ククーモナミ!☆

5歳&1歳姉妹の育児。ディズニー英語システム(DWE)の詳しい解説、その他の幼児教育の紹介も!

4歳&9カ月を連れて平日にアネビートリムパーク@お台場へ行ってみた

      2018/08/26

室内プレイランド アネビートリムパークへ行ってみた感想

メリークリスマス!は・・・予定がありませんでした(笑)。同じく予定がなかったお友達とお台場ヴィーナスフォートにあるアネビートリムパークへ行ってきました。

「よくある室内プレイランドでしょ」と全然期待していませんでしたが、思った以上に満足できた場所でした。

スポンサーリンク

アネビートリムパークはどんなところ?

場所はお台場にあるヴィーナスフォートの1階。どうでもいいことですが、なぜかカーナビではヴィーナスフォートではなくーナスフォートになっています。

ヴィーナスフォートの駐車場に車を停めました。

1階に降りるとニトリやセリア(100均)、LAOX等があります。平日だからか人はまばらで楽でした。

アネビートリムパークは1階にあります。

先に会員登録した方が良い

先に会員登録をしてくださいと言われ、多くの人がQRコードを読み取ってスマホで会員登録をしていました。

登録しなくても入れますが、価格が違うので是非事前に会員登録をしていくことをおすすめします(→会員登録

私は事前に登録していなかったのでリピーターの友達よりも10分ほど余計に入場時間がかかってしまいました。

アネビー トリムパークの料金は?キドキドと比較してみた

先に言っておきますが、決して安くないです(笑)

↓公式サイトより転載

通常料金
会員 ビジター
子ども
6ヵ月~12歳
最初の1時間 ¥1,000+税)
延長15分ごと ¥250(+税)
※再入場不可
最初の1時間 ¥1,200(+税)
延長15分ごと ¥300(+税)
※再入場不可
おとな 施設利用料 交代なし ¥1,000(+税)
施設利用料 交代あり ¥1,500(+税)
※再入場不可
施設利用料 交代なし ¥1,200(+税)
※再入場不可
※利用当日に限り、2回目の入場時に1回目のレシートを提示でおとなの利用料金無料!
(2回目に入場するおとなの人数が1回目を超えている場合には、別途追加人数分の料金が必要です。)
備考
  • 大人1名に対してお子さま3名さままでご入場いただけます。
  • 保護者の方は延長料金はかかりません。途中入場の保護者の方は施設利用料をいただきます。
  • 交代をご希望の保護者の方は、会員登録後、入場の際に「交代あり」の施設利用料をお支払いください。
  • 6ヵ月未満のお子さまは入場無料です。保護者の方のみ施設利用料が必要です。
    (会員の保護者の方は24ヵ月未満特別割引チケットをご利用頂けます。)
  • 中学生以上の方のみでのご入場はできません。
  • 保護者(扶養者、及び20歳以上のそれに準じる方)が必ずお子様と一緒にご入場ください。
  • 妊婦(第一子)の方は、大人だけでもご入場頂けます。
  • 妊婦さんは特別料金でご利用頂けます。母子手帳をご提示の上、
    妊婦さん特別料金(¥500+税)をお支払いください。(会員・ビジター共に同料金)

仮に大人1人子ども2人(6か月以上)で2時間遊んだとしたら・・・

子ども1人2時間=2,000円x2人=4,000円+大人料金1,000円=5,000+8%=5,400円

2時間で5,400円・・・・高い・・・・・

ちなみにこれが似たような屋内プレイランドのキドキドだと・・・

子ども1人2時間=1,600円x2=3,200円+大人料金500円=3,700円

いつもキドキド行く度に「高いなぁ」と思っていましたが、さらにそれを上回る強気価格です(汗)

ただ、どちらも平日フリーパスがあります。

  • アネビートリムパーク:2,500円+8%=2,700円150分と同額)
  • キドキド:1,700円(90分と同額)

※フリーパスはどちらも数量限定なので注意

この他にも3時間チケットなどもありますが、この日は結構時間があったのでフリーパスにしました。

それにしても生後6か月から同額の料金をとられるとは・・・。1歳までは無料で入れてくれるアンパンマンミュージアムがかなり良心的に思えてきます。

アネビートリムパークの割引クーポンは?

いつものベネフィットステーションにクーポンはありませんでした。たまに公式サイトで割引サービスを実施する日があるようですが、本当にたまにです。

いこーよで大人だけ200円の割引があります。

これくらいですかね・・・。

アネビー トリムパークの遊具は?広さは?

かなり広いです!!!

公式サイトよりお借りしました

料金が高いだけあって(笑)中身はかなりのボリュームです。これなら3時間いても余裕で遊べると思います。

アスレチックのエリアは靴のまま遊べますが、施設マップの左側にあるエリアは靴を脱ぐエリアで乳幼児も遊べます。

おままごと用の家などもあり、2階建てになっていたりして子ども達は大喜び。

クライミングウォールあり、キネティックサンドの砂遊び場あり、自分でログハウスを作れるエリアあり、トランポリンあり、サーキットあり、と充実しまくってます。

軽い木材を使ってログハウスを作れる!この遊具は初めてみました。

トランポリンやサーキットはスタッフの方が常駐しています。

サーキットもなかなか本格的。年齢に合わせたいろいろな大きさのカートがあります。中央に見えるのはフェラーリ・・・。

遊具によっては年齢制限がありますが、一部だけです。まぁ他にもたくさんあるので気にならないと思います。

アネビートリムパークは無料いイベントがいっぱい開催される!

途中まで気づかなかったのですが、その日に無料イベントがいくつか開催されていました。

この日のイベントは3つ。最後の一つが出来そうだったので、こちらのイベントに参加しました。クリスマスだったのでハンドベルです。

イベントは無料なので気軽に参加できます。

他にもいろいろな講座、イベントを開催しているようです。↑の画像は公式サイトからお借りしたものですが、沢山あるのでここに貼れなかっただけで、実際はもっといろいろあります。公式サイトで見てみてください。

アネビートリムパーク まとめ

入る前は「高いな~」と思いましたが、終わってみれば5,400円で一日遊べたのですから結構お得かもしれません。

確かにキドキドの方が安いですが、次に行くとしたらまたアネビーの方を選ぶと思います。

その理由は・・・

アネビーの方が居心地が良いんです。

キドキドに行ったことがある方ならお分かりかと思いますが、キドキドはとにかく「子どもから目を離すな」と促してきます。

確かに、子ども同士のいざこざは親が常に見張っているべきですが、ちょっとスマホを見ていたり親同士でお話ししているだけでも「お子さん見てますか?」と注意されたりします。

「言われなくても見てるよ!!」と言いたくなる時があります。正直気が休まる時がない・・・。極端なことを言えば高いお金を払って叱られに行ってるような気にさえなります。

ところが、アネビーは普通にしていればうるさく言われることはありません。

ハンドベル講座の時、3歳以上と年齢制限がありましたが、乳幼児の兄弟が入ってきてしまう子が2~3人いました。それでも全く注意しません。むしろ、ベルが余ったら「一緒にやってみようか?」とベルを渡してあげていました。

どのスタッフさんも優しく声をかけてくれます。

人口密度もキドキドに比べて低く、ゆったりしています。

土日は行ったことがないのでわかりませんが、平日のフリーパスは結構オススメです。

平日のヴィーナスフォートの駐車場代は?

■駐車場(タイムズ ヴィーナスフォートパーキング)のご案内
[駐車料金]ご利用金額による割引情報も含む
平日:最初の1時間500円。以後30分ごと、250円
当日1日(6:00~翌朝6:00まで)最大1,500円 
土日・祝日:最初の1時間600円。以後30分毎に300円
(3時間以上の場合、1,800円+30分毎に300円加算) 

◆◆割引サービス◆◆ 
ヴィーナスフォートご利用合計 
・¥3,000以上のレシートで平日・休日:1時間まで無料 
・¥5,000以上のレシートで平日・休日:2時間まで無料 
・¥10,000以上のレシートで平日:終日無料・休日:3時間まで無料 

※公式サイトより転載

アネビートリムパークで5,400円、食事代で3,500円(昼、夕)、セリアで日用品購入約2,000円

これで10,000円超えましたので、駐車場代は終日無料になりました。まぁ最大でも1500円ですけどね。レシートはすべて取っておいてください。

スポンサーリンク

 - 子連れ外出(未就学児と都内近郊へ) , ,