ククーモナミ!☆

5歳&1歳姉妹の育児。ディズニー英語システム(DWE)の詳しい解説、その他の幼児教育の紹介も!

宮古島の離島、伊良部島にある渡口の浜へ前日予約のレンタカーで行った

   

宮古島の離島・伊良部島にある渡口の浜で絶景ビーチを望む

2日連続でシギラビーチに行くのも味気ない…そしてどうしても離島へドライブに行きたくなり1泊2日だけですがレンタカーを借りました!

参考記事:子連れで行った宮古島のビーチ・海岸(シギラビーチ編)

スポンサーリンク

前日の夜に突如レンタカー予約。超直前にレンタカーを借りた方法は?

3日目はノープランでした。前日に「明日どうしようか?」と話ましたがお互い宮古島を良く知らないし、どこに何があるかも目的もありません。

「やっぱり車がないとね」

と、基本どこでも車移動が好きな私達夫婦。前日の24時頃になり、急遽レンタカーを探してみることにしました。

いくらなんでも前日の夜じゃ無理だろうと探してみましたが・・・やはりどこも空車はありません。シギラリゾートにも南西楽園レンタカーというサービスがシギラビーチの近くにあるのですが、返却ももちろん同じ場所でなければなりません。3日目は東急リゾートに宿泊するのでこちらに戻ってくるのはちょっと面倒(宿泊客であれば、返却した後に空港まで送ってもらえるけれど、私たちは返却日は宿泊客ではないので空港までタクシーになってしまう)。

他の大手のレンタカーも全滅でしたが唯一空きがあるらしき会社を発見。

その名も宮古島エアレンタカー

運良くチャイルドシートも空いていました。

前日の夜というかもはや当日の深夜ですが予約できました!直前ですが値段も他と比べて同じくらい。良いですね~。

ただ、ホテルへの配車はできませんでした。いえ、できるのかもしれませんがネット予約では無理でした。他のレンタカーサービスではホテルへの配車は別料金(2,000円とか…)がかかると書いてあったので、もしかしたらエアレンタカーもかかるかもしれません。

ともあれ、この日はアラマンダのチェックアウトをする日だったので、アラマンダの送迎サービスで空港まで送ってもらいます。その後、レンタカーの方に空港まで迎えに来てもらって借りるという算段です。レンタカーの会社はシギラリゾートと空港との丁度中間にあったので、途中でレンタカーの会社に寄って行ってもらえれば一番よかったのですが、さすがにそれは無理だろうということで大人しく一度空港へいくことにしました。まぁ、アラマンダから空港までも15~20分程度ですしね。

返却もエアレンタカーの営業所ですが、こちらから空港まで送迎してくれます。

レンタカーの営業所は普通のプレハブでしたが、特に怪しいことはなく(笑)綺麗なコンパクトカーを貸してくれました。

レンタカーで伊良部島の渡口の浜へ

あてもなくレンタカーを借りましたが、とりあえず離島へ行ってみようということになり、伊良部島へ。

レンタカーの営業所から約15分で橋の入り口に到着。途中雨がざっと降りましたがすぐに晴れました。

これだけ長い橋なのに通行料とられないなんて凄いなぁ~。

さて、伊良部島へ来たけどどうする?となり、ネットでささっと調べて「宮古島No1ビーチだ!」と書かれていた渡口の浜へ。何がNo1なのかはよくわかりませんが、とりあえず行ってみます。

一応数台停めることができる駐車場がありました。道路沿いに路駐している車もいましたが、私たちは駐車場が開いていたのでそちらに停めました。駐車場は海のすぐそばにあるので歩いても30秒です。

その駐車場のすぐ横に海の家らしき売店兼食堂があり、さらにその裏手にシャワー(有料200円)と足洗い場がありました。

私たちは車の中で着替えちゃいました。

浮き輪に空気を入れたかったのですが、さすがに口でふうふうやってられません。海の家?にいたおじさんに聞いてみたら「空気入れあるけど有料だよ」と言われます。浮き輪の大きさで決まるみたいで・・・我が家のスノーケルボートと小さなフラミンゴの浮き輪で300円でした。結構お高い(笑)。ついでになくなりかけていた日焼け止めも買いましたがこちらも1,680円。高い~(汗)。日焼け止めは結構ガッツリと買って持って行った方が良いですね。

ちなみにお店の中は観光客が食事をとっていました。売店の前には自販機もあります。

渡口の浜の海、その綺麗さは想像以上だった

渡口の浜は・・・き、、、綺麗だ・・・・めっちゃ綺麗だ・・・。
※↑の写真は道路の右側の方の海岸を撮ったもので、こちらで泳いでいる人はいませんでした。海水浴客がいたビーチは反対側です。

昨日のシギラビーチとは違い、白い砂浜のビーチです。手つかず・・・とまでは言いませんが、自然感がかなり残っています。

ビーチの入り口には立て看板が立っており『こちらは沖縄の条例で定められた海水浴場ではありません。』と注意書きが。つまり『この海岸で遊ぶなら自己責任でヨロ』ということです…。

なるほど、この日は波も少し高かったので浅瀬だけで軽く泳ぐ程度にしようと夫と確認します。

夫はこのビーチがいたく気に入ったようで、何度も潜っていました。

長女は砂浜で遊んでいました。

次女と浅瀬で遊ぶ夫。寝そうになっている娘・・・。

こちらの海はかなり綺麗ですが、魚があまりいないのでシュノーケリング向きではないと思います。

ここのビーチではデッキチェアなどのレンタルは(おそらく)ないと思います。私たちのほかには5~6組の観光客がいましたが、1組だけテントを張っていてその他の人達はせいぜいレジャーシートを敷くくらいでした。やっぱりテントを持っていけばよかったな~。

ここでたまたま私たち4人の写真を撮ってくれた地元民らしき人があまり知られていないシュノーケリングスポットを教えてくれました。「せっかくだからそっちにも行ってみる?」というわけで、渡口の浜から出ます。

着替えはシャワールームを使おうかと思ったのですが、綺麗な海に入ってそこまで汚れていないし。。。足だけ足洗い場でササッと洗い、タオルを敷いてそのまま車に乗っちゃいました。タオルは持参してよかったかも。ホテルに連泊してればホテルのビーチタオルを持ってこれたかもしれませんが、それも本来は外に持ち出しはNGだと思います。

参考記事:子連れで行った宮古島のビーチ・海岸(シギラビーチ編)

スポンサーリンク

 - 18年8月宮古島 , ,