ククーモナミ!☆

5歳&1歳姉妹の育児。ディズニー英語システム(DWE)の詳しい解説、その他の幼児教育の紹介も!

泳げないし顔を付けられない子どもがシュノーケリングを楽しんだ方法

      2018/09/14

泳げない&水に顔を付けられない5歳娘がシュノーケリングを楽しむために用意した道具

5歳娘は泳げないどころか水に顔をつけることさえできません。大人用にフルフェイスのシュノーケルマスクを買いましたが、これはまだ娘には早そう。

もっと良いものはないかと探している内に良いものを見つけました。

スポンサーリンク

シュノーケリング用箱メガネを購入

ワイドビュースコープ。約1,000円。要は単なる箱メガネ^^

これがあれば浅い所なら見ることができます。これだけで十分かなと思ったのですが・・・

約1,500円。このスノーケリングボートなるものも買ってしまいました(笑)

このボートがあれば先の箱メガネをセットしてプカプカ浮きながらシュノーケリングを楽しむことができるとのこと。

これがないと浅瀬だけになってしまうし、せっかくだからとこちらも購入。どうせ1500円くらいですしね。

送料の事を考えるとセット購入がお得。

娘なのでピンクと迷いましたが、海ということで青にしました。

「新品なのに穴が開いていた!!」というレビューを見たので念のため膨らまして検品。一晩おいてみましたが空気漏れなどはなさそうでした。

セットしてみた様子。箱メガネは下から入れます。

やはり箱メガネが少しかさばります。。この二つもボストンバッグに入れて先に宅急便で送ります。

スノーケリングボート+ワイドスコープビュー、実際どのくらい見えるの?

基本的に娘は上に乗っているだけで、夫が動かしていました。

スノーケリングボートにロープが付いていないのが最大の難点。ロープを通す穴はあるのにロープがないんです。
そこはケチらずにロープを付けて欲しかったな…。仕方がないので100均でロープを買って自分で通そう、と思いながら忘れていました(汗)

水の上でフラフラするのであまり良く撮れなかったのですが、箱メガネの上からiPhoneのカメラで撮影してみた写真がコチラ↓

クマノミを撮っていますがわかりますかね??カメラだと反射が映ってしまいますが、実際に見ていると反射は全く気になりません。かなり綺麗に海の中が見えます!!ちゃんと底まで見えます。

これなら無理にマスクをつける必要はないですね。子どもの泳ぐ力は育ちませんが・・・(汗)。

ちなみにこのボートとスコープはどちらもシギラビーチでレンタルしていましたが、レンタル代もそれなりにかかった気がします(メガネ500円だったかな?)。宮古島なら1日しかシュノーケリングしないということはないでしょうし、元が安い物なので是非事前に楽天で購入してから持って行くことをオススメします。

スノーケリングボートでブギボードを楽しむ夫・・・

このスノーケリングボードが何気に使えるヤツで、、、あるビーチに行った時、結構波が高くてあまりシュノーケリングは出来ないね、と話していたのですが、突如夫がこのボートでブギボーしはじめましたw

やってみると意外と面白い!波に乗れるとすーーーっと滑っていきます。私も途中からハマって波乗りしてました!

実は私は高校生のころ少しやっていたんですよ~(小声)

うちの娘のようにビビりで、水に顔を付けられないというお子さんをお持ちの方には本当にオススメです(笑)。沖縄もそうですが、宮古島や石垣島などの離島に行くのにシュノーケリングをしないなんて旅費の6割を無駄にしたようなものです(大袈裟ではなく!)。現地でレンタルすると足元見られまくりのボッタクリプライスなので、たとえ送料がかかって事前に送る羽目になったとしても自分で用意した方が良いです。我が家は今回買ったマリングッズはもちろん来年も使う予定です!

1歳5か月の娘に買った浮き輪

次女はまだ泳げないし海の中を歩かせるのも危ないので浮き輪に入れて浮かせました。もともと300円ショップで購入した足入れ付の浮き輪を持っていたのですが、もう少し可愛いのが欲しくなり楽天で探しました。

ベビー用浮き輪の条件としては・・・

  • サイズはベビー用45~55cm位
  • 足入れ付き
  • 紐付き
  • 持ち手付き
  • 見た目が可愛い

この中でも特に足入れ付と紐付きは外せません。足入れがなければ下に落ちてしまいますし、紐がなければ流されてしまう可能性があります。

夏休みも後半に入った頃に楽天で購入した浮き輪はコチラ。

浮き輪に入りながら寝ています…。

本当は白のユニコーンが欲しかったのですが、ピンクのフラミンゴにしてよかった!理由は

目立つから!

この場合の目立つは他の人より目立っていいでしょ~?という意味の目立つではなく、海岸側からも探した時に色が目立つのですぐに場所がわかるという意味です。実際、夫が次女を連れて海に入って行った時、ビーチにいてもすぐにどこにいるかわかりました。なんといってもこの浮き輪が派手なので。

微妙な点としては、子どもからすれば目の前にフラミンゴの首があるのでちょっと邪魔だったと思います(笑)

ただ、来年は別の浮き輪を買うかも。例えばコレ↓。

完全には無理だろうけど、やはり日除けが欲しかったです。次女が途中で寝てしまい、顔が真上を向いて日に照らされてしまいました(汗)。ベビーの顔に何度も日焼け止めを塗るのも憚れるし…。

他にもサンシェードつきの浮き輪はありましたが紐が通せる穴があるものが見つかりませんでした。こちらの浮き輪ですと前のジョイントの部分に別売りですが保護者用の浮き輪と接続できるようで、そこに紐を通して使うこともできそうです。4,266円と少々お高いことが難点ですが…。

浮き輪の内側に別にヘルパーが付いているのも、万が一浮き輪の空気が抜けた時のことを考えてもより安心できます。

ベビーの日焼け対策は思った以上に大変でした。これからベビーと海へ行かれる方は事前に対策をしっかりとしてから行かれることをおすすめします!(特に顔)

 - 子育て関連グッズ, 18年8月宮古島 , ,