ククーモナミ!☆

5歳&1歳姉妹の育児。ディズニー英語システム(DWE)の詳しい解説、その他の幼児教育の紹介も!

宮古島の食事は予約必須!地元感満載のひろちゃん食堂へ

      2018/10/27

宮古島の食事は小さい食堂でも是非予約を!

スポンサーリンク

旅行へ行く前に宮古島リピーターの友人に「ご飯食べるところ、予約しておいた方がいいよ~」と言われました。

私たちは3日間で1日目地元の食堂、2日目宮古牛の焼肉、3日目魚介の居酒屋と考えていたのですが、焼肉と居酒屋はともかく、地元の食堂は予約はいらんだろうと思っていました。

ところが!食べログなどのレビューを見ると「絶対に予約した方がよい」と書かれています。

どうやら島内のお店の多くは8月は繁忙期で観光客が多く来るので大体どこも予約を受け付けているようです。

宮古島地元の食堂で沖縄飯を食べる~ひろちゃん食堂~

今回はレンタカーを借りていないので、宿泊したホテルアラマンダがあるシギラリゾート内かその付近で食べるしかありません。せっかく離島に来ているのだからリゾートとは関係のない地元のお店で食べたいなぁと検索開始。そんな時発見したのがこのお店。

関連ランキング:定食・食堂 | 宮古島市

ひろちゃん!!!いいですね~地元っぽいネーミング。

2日前にこちらを予約しました。電話をすると子連れかどうか聞かれ、子連れというとお座敷の席を用意してくれるとのこと。ありがたいです。

シギラリゾートの巡回バスのホテルベイブリーズマリーナで下車すると目の前に琉球の風という屋台村がありますが、そちらの敷地のすぐ左側にあります。少し奥まった感じなので一瞬わからないかも。

子ども用の食器や椅子を用意してくれていました。18時でもお店の3割くらいのお客さんがいました(主に子連れ)。

単品ALL600円。どれもそれなりに量があります。

おぉ~観光地にしてはリーズナボー。これはメニューの一部です。定食もあります。

海ブドウ食べたの何年振りだろ・・・。

タコの唐揚げ。タコが柔らかかった!

私の大好物、もずくの天ぷら。宮古島の塩と合います。

ミミガー。

豆腐ちゃんぷるー。

普通に鶏のから揚げ。

好き嫌いのある娘達ですが、海ブドウにはまってました。

最後にかき氷で〆。マンゴー味。

お会計は6,800円(現金)くらいだったかな。やっぱりリーゾナボー。いわゆる沖縄料理を普通に堪能できると思います。

19時過ぎにはお店は満席に。予約をしていなかったらしいお客さんが断れていました。
お店を出た後、隣の屋台村のショップ(まぁまぁな規模)でお土産を見たり射的などで遊んだり、エイサーを見て帰ると丁度良いかもしれません。シギラリゾートのホテルに泊まるなら、ひろちゃん食堂良いですよ!!どれも美味しかったです。ランチもやってます。

スポンサーリンク

 - 18年8月宮古島