ククーモナミ!☆

4歳&0歳姉妹の育児。ディズニー英語システム(DWE)の詳しい解説、その他の幼児教育の紹介も!

3歳娘と公文の無料体験学習に行ってみた

      2017/08/31

5/18から5/31まで公文の無料体験学習期間があります。今子どもの習い事をどうしようか激しく迷っているので、せっかくだから体験に行ってみました。

スポンサーリンク

無料体験学習の申し込み方

 

私は公式サイトから申し込みましたが、今からですともう無料期間終了まであまり日がないので電話で申し込んだほうが良いと思います。我が家の近所には教室が3軒ほどありましたが、他の習い事(今はインターのアフタースクール1つのみ)とかぶらない曜日の教室を選びました。

教科は国語と算数です。英語は他でやっているのでいらないかなと。(でも今から思えば、スキルチェックだけでもやっておけばよかったかなーと・・・)

公式サイトで申し込むと半日くらいのうちに連絡が来ました。しかも携帯で。これにはちょっと驚きましたが、他の教室の体験を受けたママさんも同じだと言っていました。

「まずは学力診断チェックをしたいので一度来て欲しい」と言われ2日後の幼稚園が終わった後に行くことにしました。前日突然電話が来て「すみません、明日間に合わなそうなので30分遅くなっても良いですか?」と・・・。全然かまわないのですが、なんだか個人塾っぽい感じがしました。

 

学力診断チェックでは何をしたのか?

 

まだ年少なのでたいしたことはしませんでした。今まで何もしてこなかったのでひらがなもほとんどわからない娘。(あ を指しながら)「コレはなんて読むかな~?」「・・・・」といった感じで、もちろん鉛筆を持ってひらがなを書くなんて絶対に出来ませんでした。

算数は、数字はなんとか1~10まで読めましたが、もちろん足し算引き算は出来ません。

最初は 『●から●まで線でつなぐ』 程度の、学力云々よりは鉛筆の持ち方、正しい筆圧のかけ方をひたすら繰り返す、という内容でした。

子どもはまぁまぁ楽しそうにやってはいましたが、すぐに飽きていました・・・。

3歳だと学力診断もなにもないですね。

 

公文って結局何やるの?授業の内容は?教室ではなにをする?

 

途中から娘は完全に飽きてしまい、教室内をうろうろ歩き回ってしまいました。(ちなみにこの日は普段教室がない曜日でした)

それから公文の方針、指導方法などについて聞きましたが、自分なりにまとめてみると・・・

  • 反復練習、ひたすら何度も同じような問題を解かせる(ドリル)
  • 教室よりも家庭学習がメイン
  • 教室は週2回来て家庭学習(宿題)の採点などをする
  • 教室は週2回、開いている時間内にいつでも来て良い
  • 教室に滞在する時間は10~15分程度
  • 先生が一人前に立って黒板に文字を書いて教えるスタイルではない
  • 好きな時間に来て、一人座ってドリルを解いて先生がそれを見て、終わったら帰る
  • 1教科6480円、国語と算数なら12,960円
  • 生徒10人くらいに対して先生4人、基本は採点をしている

こんな感じです。

とにかくドリルを解かせて問題に慣れさせる、反復練習が大事!というのが公文の指導理念の大黒柱です。教室は家庭学習のついてといった感じで、家庭学習がメインになるようです。

 

無料体験1回目は・・・

 

教室は15~18時の3時間しか開いていません。その間にその教室に通っている生徒が来るわけですが、大体16時~17時くらいが混むようです。この日は比較的空いている15時に行くことにしました。

が、教室に行ってみるとすでに6人ほど生徒がいました。どの子もおそらく年長さんで、わが子のような小さい年少さんはいませんでした。

さっそく席についてドリルが始まります。

国語はひたすらひらがなを読ませます。

s-20160523_120423489_iOS

ふね、とら、ふね、とら、ふね、とら・・・と何度も言っていました。

算数はまだ始められる状態ではないので、今は線と線をつなぐ遊びのような練習を何度もします。

 

s-20160523_120449206_iOS

娘は採点で○がもらえるのが嬉しかったようで、自分から進んで取り組んでいました。

しかし、ものの10分くらいでその日の課題は終了。娘も「え、もう終わり?」と物足りない感じでした。

帰り際に自宅学習用のドリルをどさっともらい、「これを使って家でお母様が見てあげてください」と言われます。

 

無料体験学習を受けてみた感想は

 

正直、「教えてもらう」を期待して行くとガッカリすると思います。先生達はわからないところを教えるというよりは、ひたすら採点しているという印象でした。これは、わが子が小さいから、というわけではなく、他の子ども達に対しても同じような対応でした。

もちろん全く何の指導をしないわけではないので、わが子の場合は鉛筆の持ち方を何度か教えてもらい、かなり上手にもてるようになっていました。

 

夫は公文に大反対

 

夫もそうですが、夫の母(私にとっての義母)も公文に反対です。義母は長年教育に携わってきた人だし、夫もT大なので・・・教育に関しては私よりも2人の方がずっと説得力があります。

夫いわく、「公文は字が汚くなるからダメ」。その理屈はよくわからない・・・。

義母いわく、「公文をやっている子はせいぜい小学校低学年まで。それ以降は考える問題が増えてきて、公文のように理屈を教えないやり方は応用力がつかず、ついていけなくなる。」ということでした。

夫より義母のほうが全然説得力ありますねw なんせ長年教育現場を見てきた人ですから。

 

まとめ

 

幼児教育に良いか悪いかは別にして、とりあえず今の段階での公文入会は見送りました。まだ少し早いと感じたのが一番の理由ですが、指導内容にしては値段が高いとも思いました。1教科6480円は高い・・・。

学研の体験も行く予定なので、比較してみるつもりです!

↓ディズニー英語システム無料サンプルとポスターの申し込み。サンプルは勧誘は一切されません(笑)

 - 幼児教育 , ,