ケルヒャー窓用バキュームクリーナーの使い心地をレビュー

窓掃除大っ嫌い!ちょっとでも楽に掃除したい!!

 

新築はガラス窓が多いのですが、早速子どもにベタベタ手あかをつけられています・・・・・。

こまめに窓拭きをすれば良いのですが、窓拭きって…私の中で三本の指に入る”やりたくない家事” です。

なぜなら、拭いても拭いても液ダレが残るから(汗) 何回も何回もワイパーで拭いても、最後の液ダレが拭けない。。その部分だけ新聞紙で拭いたりしても手垢を伸ばしたような曇りが出来てしまったり…。もーイライラしまくりです。

関連記事

ダイソンのコードレスクリーナーDC62のクリアビンが閉まらなくなってしまった     以前 バッテリーについての記事でも書いたように、ダイソンの掃除機も2年経った辺りから色々と問題が出てきた[…]

窓ふきロボットの購入を考えたけど…やめた

現在主に2種類の窓ふきロボットが販売されていますが窓ふきロボットは平面におくお掃除ロボットと比べてリスクが高かったです…。1つはWINBOTでこちらは吸い込む力でガラス窓にへばりつくタイプ、もう1つのウィンドウメイトは反対面から磁石でくっつけるタイプです。

WINBOTは落下防止のロープを付けておきますが結局落ちてガシャンしたという話も聞いたし、ウィンドウメイトはガラスの厚みによっては使えず、何種類も買わなきゃならないことと、反対面から磁石でくっつけなければならないのではめ殺しの窓などは2人必要ということなど・・・どちらもリスク高いし結構面倒だなぁと思い購入は見送りました。

ケルヒャーのバキュームクリーナー、安かったので買った

家電量販店でたまたま見かけたケルヒャーのバキュームクリーナー。

7,000円くらいだったので買っちゃいました。

ケルヒャーのバキュームクリーナーは何が良いの?

まぁ~簡単に言えば「吸い込み機能つきワイパー」という感じですかね~。窓ふきの時にワイパーでキューっと縦横に動かすと、最後の所に汚水が溜まりますよね。水が多いとキューっと動かしたところから下に垂れていき、拭いたところの下部が汚くなったりします。バキュームクリーナーはその水を吸い取りながらワイプがかけられます。

 

めんどくさがりな私は、内容物が多いとゲンナリしてしまうのですが…セッティングは超簡単でした。

 

洗浄剤は4本分が入っていました。専用のものを使ってくださいと書かれていましたが購入が面倒なので市販のものを使うことになりそう…(ダメかな?)

まずはコチラでシュッシュッとして軽く拭いてその後ワイプ、という流れになります。

 

早速拭いてみます!!ワクワク。

 

まずは入居1週間にして子ども達の手あかがつきまくったテーブルのガラス天板↓

 

 

汚っ・・・

 

ガラスの天板って毎日吹かないと一瞬で汚くなります。。。

 

シュシュシュシュっと吹きかけて、ささっとワイプしてみたらこんな感じになりました↓

 

 

うーーむ。超綺麗ピッカピカという感じにはなりません。線が入っちゃってますね(汗)

 

何度かかけるとまぁそれなりに綺麗にはなりますが、厳しい姑には怒られるレベルかもしれません。

 

ガラス扉にも試してみました。

 

 

洗浄液を多めにつけないと、ゴムの部分に摩擦が起こってキュキュとなりラインが出やすくなってしまいます。

 

ヴィーーーン。

 

 

 

わかりますかね~?液だれが付いています。やはり完璧に全ての汚水を吸い込むことは難しいようです。ここはパパッとティッシュで拭きとっちゃいました。

 

ケルヒャー窓用バキュームクリーナーの使い心地をレビュー – まとめ

満足度は83点くらいでしょうか。価格が安いのでそこまで期待していなかったのですが、普通のワイプで拭くよりは格段に楽なので結構満足しています。

何気に役に立つのが、子どもが飲み物などを床にこぼした時です。バキュームクリーナーで吸い取ってます(^^;)イレギュラーな使い方なので壊れる可能性も…。この使い方は自己責任でお願いします!