ククーモナミ!☆

5歳&1歳姉妹の育児。ディズニー英語システム(DWE)の詳しい解説、その他の幼児教育の紹介も!

トルコリラ建て外国債券を購入→為替がモロ影響

      2018/10/30

話題の急降下通貨トルコリラの外国債券を買ってしまいました

スポンサーリンク

突然外国債券の話ですw
実はですね~かなり前からちょこちょこ投資をしてるんですよね。そんな中でも今回はリスクがたかーいと言われている外国為替、で買う、外国債券についてご紹介します。

そもそも債券ってなにー?

「えー、債券ってよくわからない・・・」という声が聞こえてきそうですが、ぶっちゃけ私も良く分かっていませ~ん(笑)

株式も債券もお金を調達する方法だけど、その主な違いは・・・

  1. 株式は会社だけが発行できるが債券は会社だけじゃなく自治体や国なども発行できる
  2. 株式は会社の経営にアレコレ口出しできるけど、債券は口出せない
  3. 買う側にとって株式は投資、債券は貸金し(のイメージ)

こんな感じですかね~。間違っていたらすみません。

この中で3についてですが、1で書いた通り株式が投資であるのとは対照的に債券はどちらかというと金貸しのイメージです。つまり、株式は「会社が儲かれば配当(お金とか)がもらえる」けど、債券は「定期的に利息(お金)がもらえて期日が来たら全額返してもらえる」という感じなのかな。

債券は借金の借用書みたいな物だと思っています。借用書は貸した本人に対してしか効力がないけど、債券は他の人と売買ができる点が違います。かなりざっくりとした説明ですが。

ですので、債券が売り出される時は必ず金利と(○年後に返すという)期限がセットで表示されています。

債券投資のリスク

もちろんリスクもあります。それは破たんするかもしれないリスク。例えば日本が破たんする可能性は低いけど、トルコが破たんする可能性は”さもありなん”ですよね?(汗)。破たんって個人で言えば自己破産みたいなものなので、借用書が紙くずになるのと同じで、債券も紙くずと化します。

私は日本の国債すら買ったことがなかったのですが、為替や外貨預金はやっていたので、なんとなーーーくですがリスクはわかっていました。

外貨(トルコリラ)建て外国債券を購入してみた

外国債券でも日本円で購入できるものもありますが、今回はトルコリラ建てのトルコの債券を購入してみました。

外貨建ての外国債券は破たんのリスクだけではなく為替変動のリスク(FXトレードの損益と同じ)もあります。

 

なぜトルコリラ建て債券を購入しようと思ったのか・・・

 

単純にトルコリラが暴落しているからです・・・。「馬鹿だなぁーーこんな時にトルコリラ建て債券なんて普通買うか!?」と嘲笑されそうですが(笑)。

良いのでーす。。。

あくまでも余剰資金で投資しているので。

 

スプレッドの事を考えるとFXの方がお得じゃん?

 

いや、ごもっとも。単純にスプレッド(手数料みたいなもん)を考えるとFXの方が全然お得だと思います。

でもですね~~~FXと債券ってやはり考え方が全然違うんですよ。FXでリラを購入し、毎日ジェットコースターのように変わる為替を目の当たりにしながらいつ強制決済されるかわからない状態でソワソワしているような状態に耐えられないのです。(短期でトレードするなら良いですが…)

 

一番最初に買ったトルコリラ建て債券はゼロクーポン債

そうです、一番最初ということは何回か買っているのです(笑)

1番最初は「試しに買ってみよう~」という軽い気持ちで買いました。理由はトルコリラ/円が過去最高をガンガン更新していたので・・・。ちょうどその時HS(エイチエス)証券で売りに出されていた新発債(新しく売りに出された債券)を買いました。

株やFXと違っていちいち電話で購入しなければならなかったのが面倒でした…。

購入したのは2016年12月です。10年満期なので償還日(借金の返済日)は2026年12月です。この債券のその時(購入時)のトルコリラ/円の為替レートは33.93円。数量は20,000トルコリラ(額面ってやつです。債券の表面に記載されている金額の事。)。

 

気になる利金は・・・0%!!!

 

つまり10年間お金を貸すのに1円も利金がもらえないということです。

 

もちろんそんな意味のない債券を購入するわけがなく(笑)、ちゃんと債券購入者にとってウマミはあります。

 

画像の上の段の数量の横に”単価”という項目がありますが、こちらは本来100(%)です。つまり「20,000トルコリラの債券を買って10年後に(100%の)20,000トルコリラ返すよ」という意味ですが、こちらの債券は36.5(%)になっています。

これは、「購入する時は20,000トルコリラの36.5%の価格(=7,300トルコリラ)でいいよ!」ということです。ですので、約定金額が7,300になっていますよね。私は日本人にいる日本人で手元に日本円しか持っていないので7,300トルコリラを日本円でその時のレートで購入しなければなりません。7,300x33.93=247,689円というわけで、実際に私が証券会社に払った金額が247,689円ということになります。

 

で?外国債券でいくら儲けるつもりなの??

 

もし2026年12月の償還日(借金取り立て日)の時に、(そんなことはまずありえませんが)トルコリラ/円のレートが全く同じだったとしたら・・・

 

20,000トルコリラx33.93(TRY/円)=678,600円

 

10年で約40万強の儲けということですね。

 

ですが、とーぜんそんな簡単に美味しい思いが出来るわけではなく、大きなリスクがあります。それは為替リスク。仮に10年後の償還日にレートが1トルコリラ=10円になっていたと仮定しましょう。

 

20,000トルコリラx10=200,000円

つまり、10年で約5万円弱の損です。10年間持ち続けていたのに5万円の損という・・・なんとも悲惨な結果になってしまいます。

このように為替のリスクは無視できません。

もちろん逆(リターンが増える)の可能性もあります。

10年後の償還日にレートが50円になっていたとしたら…

20,000トルコリラx50=1,000,000円

これなら、10年で約75万円の収益です!

トルコ・・・破たんするリスク十分あるよ^^

しかし、これ以外にも大きなリスクがあります。それはなんといっても信用リスク!!特に新興国は先進国に比べて当然リスクがあります。トルコって今は独裁者みたいな人が政権握っているし、シリアの隣だし、テロもあるし、危ない国というイメージがついちゃってますよね…。実は10年前に旅行に行ったことがあり、かなり安全な国(そして本当に親日だった)というイメージがあったのでとても残念です。

でもですねー、当然それなりのリターンを求めるのであればリスクを取らなきゃならないわけで…。私なんてそんなに投資にかけられる(家計以外の)個人資産は持っていないので、ちまちま日本国債なんか買って少ないリターンをもらってもしょうがないんです。それならたとえ0になるリスクをとっても大きなリターンを狙います。FXにしなかった理由は、FXだと含み損がある一定の価格に到達すると強制決済されるからです…。私にとってはそちらの方がリスクが高い。

トルコのこれからの見通しなんて全然ないけれど、”明けない夜はない”を期待して持ち続けています。

これはあくまでも私の個人的な投資に対する考え方なので、全く参考にしない方が良いです^^

スポンサーリンク

 - 外国債券 , ,