【小1習い事】科学に慣れ親しむために 〜 栄光サイエンスラボ

私は学生時代科学が大大大の苦手でした。何故だろう?なんか理解できなかったんですよね。ちなみに数学は結構得意だったんです。

 

でもですねー、この歳になると科学の知識がないことって結構微妙なんですよ。

 

科学って結構生活に密着してますからね。知識がないと洗剤に変なもの混ぜて密閉して爆発させたとかたまに聞きますよね、他人事じゃない。

 

ま、それは大げさですが勉強大嫌いな娘が科学の漫画や本(かがくのとも)には興味を示し、実験やりたいとうるさいので実験教室に放り込みました。

 

Alouette
私は教えられないので!

1年生の夏から始めた新しい習い事です。YTJを辞めたので今の所ヤマハ、栄光サイエンスラボ、ハッチリンクジュニアの3つになりました。

栄光サイエンスラボとは

 

栄光ゼミナールが主催している科学の実験教室です。わが子は1年生なのでバチェラーコースというクラスです。

 

栄光サイエンスラボ

 

栄光サイエンスラボより

 

バチェラーって大学卒業したら自動的にとれる“学士”ですよね?小3になるとマスターになり小4になるとドクターになります(^^;

 

Alouette
コースは年中から中学3年生まであります。サイエンスラボとは別にロボット教室もあります。

1ケ月間の授業の回数

 

  • 月2回
  • 1回90分

子どもが受けているコースは毎回1つのテーマがありそれについて実験器具を用いて授業が行われます。基本的に隔週ですが、振り替えOKなので一緒に受ける子は毎回違ったりします。

 

Alouette
2回という回数が私にはちょうどいい・・・毎週って結構大変で^^;

 

入会時にかかる諸費用と毎月の月謝

 

入会時のみ

  • 入会セット10,800円

月々

  • 月謝:11,880円
  • 維持費(毎月):1,080円

入塾時、進級時

  • 年度教材費:4,320

 

入塾の時にはらう金額合計

合計は・・・28,080円

入会金がない代わりに入塾セットがあります。実験の際に装着するメガネや白衣等ですが、まぁー入会金といってお金だけとられるよりも、物をもらった方がなんぼか良いかもしれません。

月謝は結構高め。月2回90分ずつということは合計3時間、その2時間で約13,000円ですからね~。まぁ普通の塾と違って紙と鉛筆と教材だけではなく、色々な実験器具を使いますし、生徒5~6人に対して先生(しかも理系)は2人体制ですから人件費もそれなりにかかっているのでしょう。

Alouette
高いけど内容的に納得の価格かな

入会セットの中身

 

 

白衣、メガネ、タオル、ファイル、etc、それらを入れるバッグくらいですかね。

 

栄光サイエンスラボ

 

栄光サイエンスラボ 入塾セット

 

白衣を着て気分アゲアゲ↑です(笑)

 

Alouette
まぁ、形から入るのは悪くないと思っています^^

レッスンの内容

 

レッスンは毎回1つのテーマを勉強します。

 

栄光サイエンスラボ

 

例えばこんな感じ。「うず」とは渦のことです。ペットボトルを使って実際に渦を発生させていました。子どもは大喜び。

 

栄光サイエンスラボ

 

 

Alouette
あ、あれ・・・わ・・・わからない!!!
1、2年生が習う内容なのに・・・わからないです(汗)感熱紙の仕組みとか・・・わからない!!!(滝汗)
夫も文系ですが、国立大なので理科もちゃんと勉強していて・・・全部理解していました。。。

実験器具も本物を使う

アルコールランプや顕微鏡も使います。ランプは自分でマッチを付けていました(当然先生の補助付きですが)。その”自分で火をつけた”ということを自慢げに語っていました(笑)
実験で使った道具の一部は持ち帰ります。
こちらはパルプ(繊維)を使ってシャーレ(←プラスティック製)で自分で作った紙です。紙と呼ぶには厚みがありすぎるのですが、乾かせば一応紙になりました。
Alouette
実験道具が溜まっていくというデメリットでもあります・・・

5回のレッスンを受けてみて子どもの理解度は?

ハッキリ言って・・・・
全然理解していません!!!ヽ(´ー`)ノ
その日のテーマである「紙」について、授業の様子を見てみたら(ガラス窓越しに見ることができます)“かみは木からできている”とホワイトボードにでかでかと書かれていたので、授業が終わった直後に「紙は何から出来ているの?」と質問してみましたが「???なんだっけ?」と言っていました・・・_| ̄|○
まぁー・・・入塾を決めたのは「理科に強くなれ!」という思いよりも「理科を嫌いにならないで(私のように)!」という思いからなので、楽しそうに通ってくれればそれでよいです…。ようやく足し算引き算と漢字を習い始めたような1年生にいきなり「理解しろ」といっても無理だよなぁ。
Alouette
夫は「習い事というより趣味だな」と皮肉を言ってきます・・・

年明けの学会に向けて

この塾の特徴の一つとして、発表会があります。その名も「子どもサイエンス学会」。いつもの教室ではなく、ちゃんとした会場でみんなの前で発表するらしいです・・・ヒョェー(((゚Д゚)))
娘はまだ始めたばかりなので学会に出たことはないのですが、同じ教室に通う2年生の子のママさんに話を聞いたところ、学会は結構面白いらしいです。特に高学年の子の発表になると大人でも思わず「おおー」と言ってしまうような内容の子もいるとか。
Alouette
楽しみなような緊張するような・・・

まとめ

周りの子はガツガツ公文をやっていたり、ポツポツと学習塾に通い始めたりしている中、楽しく実験なんてやってて良いのだろうか・・・と何度か思いましたが…。娘はサイエンスラボが大好きで、毎週行きたがってるくらいです。遊びに行っている感覚なのでしょう。
でもその“遊ぶ感覚”が大事なのかもしれません。これで、、、、いいんだよね?う、うん、たぶん・・・・
迷える母です!!!
Alouette
また追ってレポします!
● ツイッターフォローお願いします↓