ククーモナミ!☆

5歳&1歳姉妹の育児。ディズニー英語システム(DWE)の詳しい解説、その他の幼児教育の紹介も!

【4歳】DWE1年10ヶ月目 – 英検ジュニアgoldを受けてみた

   

DWE開始から1年10か月 LimeCAP取得後に英検ジュニアgoldを受けてみた

ライムCAPを取ったら挑戦してみようと思っていた英検ジュニアgold。前回のシルバー(正解率79%)からやく5か月経ちました。
ゴールドはサンプル問題しかやったことがありませんでしたが、5か月前に試したときはおそらく正解率5割以下感じでした。

参考記事(英検ジュニアシルバー):【4歳】DWE1年4ヶ月目 – 英検ジュニアを受けてみた

スポンサーリンク

DWEについて基本的な情報はコチラ↓

我が家の英語教育【3歳児】 DWEって一体なにさ?

我が家の英語教育【3歳児】 DWEのパッケージとプログラム全種類

英検ジュニアゴールドを受けようと思ったキッカケ

ライムを終えたら挑戦してみようと思っていました。ええ、時期尚早であることは重々承知しております。ただ、私の中で一つの疑問が沸いてきたのです。

 

DWEだけでよいのだろうか?

 

と・・・。

ある程度DWEを進めていくとおそらく大抵のユーザーは同じ疑問を抱くと思います。

シルバーは問題が簡単だったので、ほとんど事前準備をせずに受けました。DWEの内容だけで8割は余裕でとれると思います。

これがゴールドになると難易度もぐっと上がるのでゴールド用の勉強をしないと(特に未就学児には)厳しいと思います。

シルバーはテストだけでしたが、ゴールドはドリルや模擬テストとセットになっているフルパック(オンライン版)を購入しました。

4,300円ってなかなか良い値段^^;

ドリル&ゲームはいらないかな?と一瞬思ったのですが、ドリルはそれなりに単語が多いようなのでやはりフルパックを選びました。利用期限が1か月しかないので、しばらくDWEは(テレフォン以外)お休みし、毎日ドリルと模擬テストをやりました。

英検ジュニア ゴールド 試験内容の特徴

ゴールドの特徴を箇条書きします。

  1. 普段の学校生活や教科についての単語や会話が多く、小学生を意識しているのがわかる
  2. ブロンズは30分、シルバーは35分、ゴールドは45分
  3. リスニングだけではなく、単語の読み問題も出題される
  4. シルバーと違い、ひっかけ問題がある

まず1についてですが、ゴールドはかなり小学生を意識してるのがわかります。例えば、小学校の科目を英語で答えさせたり(国語→Japanese、美術→Art、算数→Mathなど)、学校の設備などに関する単語(classroom, library)が数多く出てきます。娘の場合、単語が難しいというより小学校がどういう所かまだよくわかっていないのであまりよく理解できなかったと思います。科目も習っていないのにわかるわけないですよね・・・。

2、ゴールドは試験時間が45分もあります。ただでさえ集中力のない娘が45分も・・・もつわけない!!
というわけで、シルバーの時と同じように横にピッタリ張り付いて注意が逸れそうになると「ちゃんと聞いて!」「よそ見しない!」と言い続けました。

3、文集の読み問題は出ませんが、単語と超簡単な口語文の読み問題が出ます。問題の例としては

flutes という単語が画面に出て「この単語に合う絵を選びなさい」

だったり

会話が読まれた後に続く「受け答えで正しい方を選びなさい」(1)Good idea. (2)Sorry, I can’t.

といった感じです。

↑の問題はGive it back!までは音声が出ますが、選択肢の2つの文章は音声が出ないので文字が読めないと正しく回答できません。

DWEは会話がメインなので読み書きにはほとんど力を入れていません。当然娘が読める単語もごくわずか。
個人的には読み書きは後からで良いと思っているので、ゴールドのテストでも読み問題は最初から捨てるつもりでした。

実際、読みの問題はほとんど不正解でした。

4、ひっかけ問題、と私が勝手に思っているだけですが…。例えばこんな問題がありました。

4枚の絵があり「英文に合う絵を選びなさい」「I have a dog. His name is Snowman, because his body is white……(以下続く)」ここで娘が選んだのは犬の絵ではなく雪だるまの絵。Snowmanという単語だけで判断し、後は適当に聞き流したのです。最後まで聞けば絶対にわかったのに…。

シルバーでは理解度があやふやでもある程度の聞き取りで正解できてしまう問題もありましたが、このようにゴールドは結構シビアです。

英検ジュニア ゴールド 実際に受けてみた感想

45分間…長かったです。何度か集中力が切れ、問題を聞き逃して理解しているはずなのに答えられなかった問題がいくつかありました(←私キレる(汗))。大変だったので親としてはしばらくテストはいいかなと思っています。

 

それでも英検ジュニアゴールドを受けてみて良かったです。

 

理由は、DWEでは出てこないような単語、会話が出てくるからです。DWEは圧倒的に単語数が少ないのです。娘はさすがにもうレベル1(と私が勝手に位置付けている)の単語はもう聞き飽きています。例えばdog, cat, tomato, apple, hello など。「もう知っとるわ!」って感じです。
グリーンキャップを超えたあたりから一つ上のレベルの単語を取り入れていかなければなりません。ゴールドで出てくる単語はまさにそんな感じ。DWEでは出てこないけど覚えた方が良い身近な単語がたくさん出てきます。例えばenvelope, spinach, ruler, stapler, science などです。

また、会話の受け答えもDWEでは出てこないけど普通に会話で使う表現が出てきます。例えばこのような問題がありました。

(電車の中で子どもが老人に席を譲っている絵)「Please have a seat.」

これに対する答え方で正しい方を選びなさい(1)Go ahead. (2)That’s very kind of you.

(2)はThank youと同じような意味ですが、DWEでは出てこなかったので娘はわかりませんでした。

英検ジュニアゴールド ここが微妙だった

なんといっても、内容がすべて日本なんです。出てくる場面、全て日本。文化も日本。『思いっきりドメな内容を英語に訳した文章や会話』といった感じです。
小学校や家の中の場面が良く出てくるのですが、設定はほぼすべて日本なのでやり取りも非常に日本人らしいやり方をするんです。そもそも国語をJapaneseと訳すのって・・・今時どうなの??

あくまでも個人的な意見ですが、外国語は言葉だけ話せるようになっても意味がないと思います。その国その国の文化も理解しないと。英語はいくつかの国の言葉なので、発音も文化も「コレ!」といった物はありませんが…だからといって(英語が公用語ではない)日本にしなくてもいいじゃん、と思います。

それと日本語の説明が長すぎる!!!テストだから丁寧な説明が必要なのかもしれませんが、だらだらと日本語で説明されている内に子どもの集中力はスーッと離れていきます(これは娘個人の問題ですが・・・)。さっさと問題を始めてほしい。これで45分間は大人の私でも長く感じました。

【4歳】DWE1年10ヶ月目 英検ジュニアゴールド の結果は?

シルバーの時にも書きましたが、英検ジュニアは合否はでません。正解率○%と出ます。だいたい80%が合格の目安ということです。今回読み問題はほぼ全て捨てた状態での結果は・・・

 

 

 

 

72%

 

 

まぁ~こんなものですかね。

 

読み問題以外で間違った問題の内、集中して聞いていればわかったのに聞き逃して間違えた問題が3問ほどあります。読み問題が案外多かったのでゴールドでそれなりの結果を出すならリーディングを集中してやらなければなりません。でも、今の所その予定はないかな。

 

とりあえずDWEに戻って、イエローに進みたいと思います。イエローキャップは1年くらいかけて取って行こうと思っています。

 

↓無料サンプルとポスターの申し込み。サンプルは勧誘は一切されません(笑)

 - 英検ジュニア , ,