ククーモナミ!☆

5歳&1歳姉妹の育児。ディズニー英語システム(DWE)の詳しい解説、その他の幼児教育の紹介も!

我が家の英語教育【3歳児】8ヶ月かかってとったブルーキャップ

      2017/08/31

DWE~卒業を目指して~Blue Capに合格

 

やーーっととれました。Blue cap。いやぁ、大変でした・・・(汗汗汗

DWE Blue cap

スポンサーリンク

DWEについて基本的な情報はコチラ↓

我が家の英語教育【3歳児】 DWEって一体なにさ?

我が家の英語教育【3歳児】 DWEのパッケージとプログラム全種類

我が家の英語教育【3歳児】 DWE – Light Blue Capに応募してみた

DWE – 3ヶ月でライトブルーキャップをゲットしたコツ

 

DWEでブルーキャップをとった我が家の方法

 

Capとはなんぞや?という人のために、しつこいですがおさらいです。CapとはCap systemのことで、DWEが用意している進級プログラムのようなもので、与えられた課題をすべてクリアするとその応募した色のキャップ(帽子)がもらえるというシステムです。ライトブルー、ブルー、グリーン、ライム、イエローと五段階に分かれており、イエローが一番難易度が高いです。

dwe-cap-system

 

まぁ要は『学習が進めやすいように達成目標を作ってあげよう』ということです。

んで、一番最初にライトブルーキャップという一番簡単なキャップに応募したのですが、これはすんなり取れました。

評価も甘かったんだと思います。

ブルーキャップは必要な課題数も一気に増え、難易度も上がります。

DWE Blue Cap

 

Cap Bookを見ると、Blue Capに必要な課題はこのようになっていますが、向かって左側のパート1は提出する必要がありません。というか、Blue Capの取得に関係ありません・・・。(それでもパート1の課題を提出すると、月に3課題まで出せるうちの1課題を提出したとカウントされてしまいますので要注意)

DWE Blue Cap

 

必要な提出課題を書き出してみると・・・

  1. Pre Lesson 1 ・・・トークアロングカードから10枚選び、単語と文章の両方を録音する
  2. Review 1 ・・・ 3つの歌か詩の中から1つ選んでフルコーラスを録音する(ABC Songを選択)
  3. Pre Lesson 2 ・・・ トークアロングカードから10枚選び、単語と文章の両方を録音する
  4. Review 2 ・・・ 3つの歌か詩の中から1つ選んでフルコーラスを録音する(Birthday, Birthdayを選択)
  5. Pre Lesson 3 ・・・ トークアロングカードから10枚選び、単語と文章の両方を録音する
  6. Review 3 ・・・ 3つの歌か詩の中から1つ選んでフルコーラスを録音する(When Pluto is happyを選択)
  7. Telephone ・・・ 電話レッスンで先生と話す

この7つとなっています。

トークアロングカードの録音は、ライトブルーキャップの時は単語だけ、しかも3つでOKでしたが、今度は単語と文章の両方を録音しなければなりません。例えば「Cat・・・Listen to the cat.」のような感じです。まぁ文章の方もそんなに難しくはありません。Pre Lesson1~3はすぐに終わりました。

 

Blue Capの課題の歌を歌えるようになる方法

 

問題はReviewの方の歌です。Review1で選んだABC SongはDWE以前から何度も歌っていたし(歌詞が微妙に違うけど)、まぁすぐ出来るかなと思っていたのですが、このABC SongはSing AlongのDVDで歌われている通りに歌わなければならないのでミニーが「Now, Clap!」とか「Now Whistle!」と言っているセリフもキッチリ言わなければなりません。ちなみに口笛は私が変わりに吹きました(笑)。娘はなかなか順番が憶えられず、歌よりもそちらに苦労していました。

次のBirthday, Birthdayですが、この曲を選んだのは一番簡単そうだったからです(笑)。とはいえ、すんなり歌えるようなものでもなく、慣れていないと大人でもうまく歌えないような箇所があります。

まず、

Join us and sing a little birthday song

この部分がなかなか歌えませんでした。

歌ってみるとスピードもそれなりに速くて、「ジョイナサシガリロバースデーソーン」のようになるのですが、どうしてもうまく歌えず・・・何度も練習させられると嫌になってきたのか「じょぃんんんんんんでーそーん」のように適当に流して歌うようになってしまいました・・・。

そこで「ジョイナサ」「シガリロ」「バースデーソン」と3分割し、1つずつ繰り返して憶えさせるようにしました。

そしてなんとか2曲目もクリア。

しかし、3曲目に選んだ When Pluto is happy は歌えるようになるまで1ヵ月半かかりました。

この歌は、When Pluto is happy, he wags his tail. のように、「~の時に、~する」を数パターン繰り返している歌です。

「プルートは嬉しい時、しっぽを振る」「プルートはワクワクする時、駆け回る」となるのですが、そこがごっちゃになって「プルートは嬉しい時、駆け回る」となったりすることが多く(文章的におかしくはないんですが)、半強制的に歌いなおしを何度もさせていたらかなり嫌気が差してきたようで「もうやだ~、おわり~、プリキュア見せて~」と言い出すようになって来てしまいました・・・。

それでも毎週のテレフォンイングリッシュをBook Lesson(先生との対話)ではなくSong Lesson(先生と一緒に歌うだけ)にしたり、寝る前の絵本タイムの前に一度歌うことを条件にしたりして何とか歌えるようにはなったのですが・・・いざ録音する時になるとやる気がないからか声が小さい!!!!マイクの音量を最大にしてもよく聞こえないくらいボソボソと歌うのです。だんだん私も怒りが沸いてきて怒ってしまい、さらにやる気を失くすという悪循環・・・。実はこの時先にTelephoneの課題を終えていたので最後の1つの課題にいつまでも足止めされていることに本当にイライラしました。

ある日、お風呂場で(いつものように)私が課題曲を歌っている時、いつもは真面目に淡々と歌っていたのですがこの日はふざけてシャウトするように歌ってみました。すると娘は楽しくなったのか、同じようにシャウトしながら歌っています。ボソボソ小声で歌われるくらいなら叫んでいるほうがマシだと思い、その調子で録音して提出してみました(笑)。

 

Blue cap課題、最大の難関 Telephone

 

Blue Capでは、Telephoneという課題があり、これは毎週行われている電話レッスン、Telephone EnglishでCap課題に指定されているLessonを受講するというものです。

Blue Capのレッスンは↓これです。

Blue cap TE

 

Telephone Englishでは好きなことを適当に話すのではなく、このようにあらかじめセリフが決まっています。ですので、先生がランダムに質問してくることに即座に答えなければならない・・・ということはありません。事前に練習すれば大丈夫だと思います。

私はあまり練習せず、「落ちてもいいからとりあえず受けさせてみよう」くらいの気持ちでやってみました。

※音声とれていませんでした・・・。

「Who’s at the party?」の質問の答えもテキスト通りの順番ではありませんでしたし、その他も意味はあっているけど、言葉は違うという答えもいくつかありました。そして言葉もボソボソ・・・。それでも「○○(←娘の名)はよく理解していると思うよ。PASSだね!」と言ってもらえました。

テキストを丸暗記させなくても、理解していればOKみたいです。

 

晴れて全ての課題をクリアし、10日ほど経ってからBlue Capが届きました。娘は大喜びです。

 

Blue Capをとって、これからを考える

 

Blue Capの勉強は親として反省すべき点ばかりでした。楽しく遊びながら英語を学ぼうがモットーのDWE教材なのに、無理やりやらせたり、怒ったりしてしまったので、娘のやる気を削ぎ、危うく英語嫌いにさせてしまうところでした(猛省)。また、はやくCapをとらせたくて理解していないことがあるのに先(Green Cap)に進もうとしてしまいました。

Cap取得が一番の目的になってしまうのは危険です。今一度初心に戻り、次のCapに進まず、楽しく遊びながらBlueの復習をしていきたいと思います。

↓ディズニー英語システム無料サンプルとポスターの申し込み。サンプルは勧誘は一切されません(笑)

 - DWE CAP(卒業目指して) , ,