ククーモナミ!☆

4歳&0歳姉妹の育児。ディズニー英語システム(DWE)の詳しい解説、その他の幼児教育の紹介も!

唾液でできるガン検査を受けてきた

   

唾液だけでガンが発見できる!?話題の検査を受けてきた

先々週~先週に掛けて、季節の変わり目で体調を崩しました。しかも母&娘2人の3人で。発熱と嘔吐があり、結構大変でした(汗)

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

スポンサーリンク

さて、私が仕事を辞めてからはや7年ほど経ちます。正社員の時は毎年必ず健康診断を受けていました。が、仕事をやめてから受けたのは5年前に1度きり…。主人は毎年受けていますが私は引っ越しや出産なども重なり受けていませんでした。

まぁ妊婦健診を2回受けたので、ある程度の健康状態はチェックしてもらっていると思います。

ただ、ガンに関してはずっと受けていませんでした(子宮がん検査のみ)。

我が家は父方の祖母は乳がん、祖父は肺がん、伯母も肺がんという立派なガン家系。ガンは遺伝的要素が強い(所説あり)と聞くので退職前は特に乳がんの検査はかならずエコー検査とマンモグラフィをダブルで受けるようにしていました。それも退職後は等閑に・・・。

去年、区の乳がん検診の受診券が送られてきました。がっ、私は現在絶賛授乳中。授乳中はエコーもマンモグラフィも正しく検査できません。そろそろガン検診うけないとと思っていた所で小林麻央さんが乳がんで亡くなったというニュースが・・・。私より若いのに乳がんで亡くなったということに衝撃を受けました。

そんな時ある事を思い出しました。それは「唾液でガンの検査ができる」というTVの特番です。WBSだかガイアの夜明けだかでやっていたような気がします。

早速ネットで調べてみると、株式会社サリバテックという会社が開発した技術ということでした。

唾液でできるガン検査、どこでどのように受けられるの?値段は?

唾液は病院で採取 現在実施している病院は4か所

今のところこの4つの病院だけのようです。私が予約した時は相模原中央病院を除いた3つしかありませんでした。

この中で一番近いのは恵比寿にある満尾クリニック。ここなら自転車で行けます。料金は血液検査とセットで50,000円。うーむ…ある程度覚悟はしていましたがなかなか良い値段…。平日の午前中11時までしか受けていないようです。

次に近いのは東京ミッドタウンクリニック。セレブ御用達病院。高いんだろうな~と思って聞いてみましたが、こちらの病院では唾液検査単体では行っておらず、プレミアム人間ドッグコースに含まれているという形になっているようです。ちなみにプレミアム人間ドッグコースは486,000円(笑)。

最後に一番遠い大泉中央クリニック。色々調べてみると、そもそもこの唾液検査は大泉中央クリニックの医院長が開発したみたいですね。こちらは単体で検査してくれるようで、お値段は15,000円。まぁ決して安くはないですが、自費の検査としては親切な価格ではないでしょうか。少し遠いですが、こちらで受けることにしました。予約は2か月待ちでした。

唾液検査はどうやってやる?

検査日当日、病院へ行きました。数台ですが駐車場があって助かりました。ちょっと古めかしい建物の中は・・・おじいちゃんおばあちゃんでいっぱい(汗)。整形外科もやっているからかなぁ。

予約時間前に行ったのに、呼ばれたのは1時間後でした・・・。

まずはプラスチックの容器に唾液を出します。

「朝はご飯を食べたり水を飲んだりしていませんよね?」

「はい」

「歯も磨いていませんよね?」

「え・・・7時頃磨きましたが・・・」

磨いちゃだめだったみたいです><

でも、ネットには1時間以内は磨かないでと書かれていたので、大丈夫かと思ったんですよ。
その時の時間は11時くらいで、さすがにもう4時間くらい経っているのでまぁ大丈夫でしょうということでした。これから受ける方は歯磨きせずに行くことをオススメします。

看護師さんは私の名前や年齢などのデータをB6くらいのノートに手書きで記入しています^^;超アナログ。ノートをチラ見すると名前と年齢が一覧になっています。ほとんどの方が60代以上でした。そして、他の方も歯磨きしてました(笑)。

いよいよ唾液の採取ですが、舌などを動かして無理やり出した唾液はダメということでじーっと唾液が自然に出てくるのを待っていましたが…なかなか出てきません。仕方がなく、喉の奥の方に力を入れてなんとか出てきた唾液を容器の中にためました。ところが、無理やり出したからなのか白く濁っていてダメと言われました。時間をおいてから再度採取です。

ふとテーブルの上を見ると梅干しが入った瓶が・・・。これで匂いを嗅いで唾液を出しやすくすると聞いたので口を閉じたまま鼻から匂いを嗅ぐと・・・唾液がどんどんたまっていくのがわかります。今度とれた唾液は透明で綺麗でした。最初からこの方法でやればよかった。

この後医師の診察がありました。そこでわかったことは、この検査はガンかどうかがわかる検査ではなく、ガンの可能性がわかるスクリーニング検査ということです。つまり、陰性か陽性かではなく、「この数値なら大丈夫じゃないかな~」という感じの結果しか得られないということです。

ガンの唾液検査をやってみた結果は?

3週間後に再度病院へ行き、先生の診察を受け結果を聞きます(診察代1,500円かかります)。

そこで渡された検査結果は・・・

まず、歯周病のリスク値です。歯周病の可能性が高いと、検査結果が正しくでないようです。緑が私で、青が非歯周病患者or非ガン患者の平均、赤が歯周病者orガン患者の数値です。つまり、青と同じくらいの数値であれば問題ないということです。

口腔がんの数値が少し高めですが、口腔がんについては少し高めにでる傾向があるので問題ないでしょうとのことでした。

一番心配だった乳がんはまぁじゃっかん平均値より高いですがこれもおそらく大丈夫でしょうと。

実はこのスクリーニング検査で一番画期的なのは、膵がん(膵臓がん)の項目です。膵臓がんは他にできる検査がなかなかないらしく、発見されたころにはステージ4というのはよくあることのようです。ですので、身内に膵臓がんの人がいる方などがこの検査をよく受けるようです。

矢印が私が属する数値のグループです。よく見ると、この数値のグループでもガン患者がゼロではないんですよね。

先生は「問題ないでしょう~」という言われ方をしていましたが、同時に「でもこの検査は100%じゃないから」とも言われました。

乳がんが心配であれば、エコー検査やマンモグラフィも受けなければならないということです。

とりあえず「ホッ」としていいのかな?これからは区の検診もうけつつ、3年毎くらいにこの唾液検査をうけようかなと思っています。

スポンサーリンク

 - 我が家の健康 , ,