ククーモナミ!☆

4歳&0歳姉妹の育児。ディズニー英語システム(DWE)の詳しい解説、その他の幼児教育の紹介も!

使っているクレジットカードとANA家族マイル&スカイコイン検証

      2017/08/31

マイル獲得目的の我が家が使っているクレジットカード

最近クレカの整理してます。

我が家はほぼクレカで支払います。理由は確定申告の時に楽だからというのとマイル狙いです。

航空会社はANAで、メインカードは三井住友VISA ANAワイドゴールドカードです。今まで主人と私、それぞれ本会員としてカードをもっていたのですが、年会費15,120円をそれぞれで払うのは無駄なので、私が主人の家族会員(年会費4,320円)になることにしました。

本会員→家族会員への切り替えは電話一本(三井住友VISAのゴールドデスク:0120-498-012)でできました。切り替えと書きましたが、正確には本会員カードの解約と家族会員カードの新規発行を同時に行うだけです。

マイル獲得だけではなく、旅行保険など総合的に考えてこのカードを使っています。やっぱりマイルといえばANA、ANAマイルといえばVISA ANAカードですよね。

スポンサーリンク
それとは別に三井住友VISAアミティエカードというのも持っていましたが、今回解約しました。学生の頃から使っていたのでそのままになっていました・・・。

三井住友VISA アミティエカード (解約済み)

海外・国内旅行傷害保険:最高2,500万円

ショッピング補償:最高100万円

年会費:税抜1,250円+税

傷害保険もショッピング補償もワイドゴールドカードで足りてるし、いらないですね。大学生になった時に初めて作ったクレカを惰性で持っていましたが、年会費も無駄なので解約しました。

現在持っているカードは以下の通り。

ANA VISA ワイドゴールドカード

card1

ANAワイドゴールドカードの良いところ

  • 旅行傷害保険: 【最高補償額】 海外旅行 5,000万円 国内航空 5,000万円 国内旅行 5,000万円
  • ショッピング補償:年間300万円までのお買物安心保険
  • 年会費:14,000+税金 ↑カードご利用代金WEB明細書サービスの利用+マイ・ペイすリボへの登録+ご利用で、翌年度以降税抜9,500円+税

普通のANAカードからゴールドに切り替えたのはマイルへの換算率(ANAカード0.5%、ゴールド1%)が良いからです。

↓ANAワイドゴールドのマイル換算率
移行手数料:無料 換算率: 1,000円=1ポイント=10マイル

↓これが普通のANAカードの換算率
移行手数料:6,480円:10マイルコース(年間)/ 無料:5マイルコース

換算率:10マイルコース:1,000円=1ポイント=10マイル / 5マイルコース:1,000円=1ポイント=5マイル

カードでの支払いが多いので、それなりにマイルがたまりますし、1ポイント=10マイルコースだと6480円かかるならねぇ~、ゴールドでいいかなっと。旅行傷害保険も1000万までですしね。

ポイント還元率は0.5%なので、最近流行のオリコカード(還元率1%)などと比べると微妙ですが、ポイント還元率が良いカードは代わりにマイルへの換算率が0.6%だったり、旅行保険が付いていなかったりするので年に何回か海外に行く人はその都度旅行保険に入らなければならないし、国内旅行の保険も付いていたほうが安心なので、断然ANAカードの方がお得になります。

海外便より国内便の方がマイルが貯まるので日本全国出張でしょっちゅう国内線を使いまくっている人にはかなりおすすめのカード。

ANAゴールドカードの気になる所

ANAカードはこれまで幾度と無く改悪をしてきました。私はそこまで気にしていませんでしたが、完全な陸マイラーで裏技使いながら必死に貯めてた人からはかなり非難轟々だったようです。今後また改悪があるかもしれません。

あと、子どもが出来てから海外に行く機会がかなり減りました(とはいえ5回くらいは行きましたが)。子どもが出来る前は海外旅行に行きまくっていたので(保険のことなども考慮すると)かなりお得だったのですが、今となっては年に1~2度国内線を使う程度です。そうなるとあまりお得ではないかも・・・?(ただ、その1~2度の国内旅行はマイル→スカイコイン使用でほぼタダで行っています。)

ゴールドと言えども大したステータスではありません(笑)。空港ラウンジは使えますが、あくまでも”外側のラウンジ”です。せいぜいオレンジジュースが飲めるくらいの。内側のラウンジ(ビジネスラウンジなど)とは全然サービスが異なります。こちらを利用するにはSFC(スーパーフライヤーズ)というカードが必要ですが、このカードは国内線をガンガン利用しないと取れないようなカードなので、ビジネスの出張で利用する人以外はなかなか取れません。

昔はJALのサービスが悪くて、JALが大嫌いだったのですが、最近はJALも経営再建をはかりかなりサービスの質が向上し、ANAマイルからJALマイルへ移行している人もいるらしいです。

それでも私はあまりカードをコロコロ変えるのは好きではないのでよっぽどの改悪が無い限りはこのカードをメインに使っていこうと思っています。そのほうが信用もあがりそうですしね。

ANA VISA suica カード

card3 年会費:2160円

これは普通のANAカードと変わらないのでマイルの移行換算率も同じ、旅行傷害保険の補償額も同じ。

それなのにこのカードを年会費2160円かかりながらも持っている理由はsuicaのためです・・・。

suicaにいちいちチャージするのが面倒で・・・;; このカードなら改札でオートチャージしてくれるので楽です。ただし、買い物の時は残高不足になることもありますが・・・。

上のANAゴールドカードにSUICAの機能も足してくれれば良いのにな~。そうすればこのカード減らせるのにな~・・・。

ISETAN Iカード (伊勢丹 エムアイカード)

card2 年会費:2160円

伊勢丹でディオールのバッグを買ったとき、入会すると10%引きになりますよ~といわれて作りました。

35万くらいするバッグだったので・・・10%引きは大きかった。

でもなー、このカード・・・うーんどうかなぁ~。我が家から伊勢丹でちょっと距離があるんですよね。年に2~3回、主人の仕事着をとか靴を買うくらい?それでも5~10%引きになるから持ってた方がよいのかなー。

※ 2016年4月から買い物時の優待割引サービスはなくなり、他のカードと同じようなポイント還元サービスになりました。これって改悪ですよね~?それ以来伊勢丹カード使う意義が見出せず、ANAカードで買い物しています。解約しようかな。

ETCカード

card5 年会費:540円

VISAカードに無料でついてきたETCカード。年会費は一度でも利用すればタダ。ETCはちょこちょこ使うのでこれはもっていてOK。

iDカード

card4 クレジット機能はついていないけど・・・電子マネーiDの専用カード。

主人の家族カードが届いたら、新しいゴールドにiDの機能がついているのでこれは破棄する予定。電子マネーは他にもEdyとかnanacoとかあるけど、iDがVISAの利用明細に一緒に載るので楽だから基本これを使ってます。

EPOSカード

マルイで昔つくったエポスカード。もうマルイで買い物する機会はなさそうだけど・・・年会費無料だからなんか持ってる・・・。解約しようかな。

 

・・・と、こんな感じです。クレカはどこかで整理しないと、把握できなくなっちゃいますから要注意です。我が家はマイレージ貯めに絞っているので他にどんなにお徳なカードがあったとしても、基本はこのANAカードに限定して使うようにしています。

 

ANAマイルとスカイコインの賢い使い方

 

マイルを使って過去に特典航空券を取って以下のような旅行をしたことがあります。

  • ハワイ往復航空券(私が独身の頃なので一人分)
  • ヨーロッパ往復航空券(私が独身の頃なので一人分)
  • ヨーロッパ往復航空券ビジネス利用(二人分)

私は平日に休みがとれる職場だったので特典航空券が取りやすかったんですよね~。土日とGW盆暮れ正月が休みという典型的なリーマンさんには、特典航空券ってまず使えない気がします・・・・。

結婚してからはファミリーマイル(家族合算)に登録して主人分のマイルも私の物にしてますw 一人だとあまりマイルが貯まらないんですよね~。家族マイルは登録(←ココのStep4参照)がいります。

私は前述の通り、主人の家族カードではなく、本会員だったのでファミリーマイルの登録に書類を送ったりして少々面倒でした。

マイルを使う時、注意しなきゃいけないのは国際線での2歳以下の子ども。ヨーロッパにビジネスを利用していった時は子どもが1歳で、抱っこで行ったから座席をとらなかったんだけど、国際便は2歳以下でも“正規料金の1割”の料金をとられます。ビジネスシートはタダになったけど、正規料金は100万くらいするので抱っこの子どもも10万円とられました・・・

大人はマイル使ってタダで、1割料金の子どもは10万円って・・・なんか詐欺っぽいw

 

マイルはスカイコインに換えて賢く使う

今まで使ったスカイコインは以下の通りです。

 

  • 東京~九州往復航空券(一人分、スカイコイン利用)
  • 東京~沖縄往復ツアー(二人分、スカイコイン利用)

 

国内旅行で使った分はスカイコインに変えて利用しました。このスカイコインって要はANAだけで使えるポイント(お金)なんですよね。 スカイコインは一度しか使ったことがないのですが、マイルの特典航空券とどちらがお得なのかな~。ググっても全く違う事が書かれていたりしてよくわからないです。ちょっと検証してみました。

 

例えば現在の我が家のマイルは↓ milage

こんな感じですが、例えばホノルルまでの特典航空券を2月の人気のない平日出発で取ろうとすると55,000マイルかかります。ただしこれに税金と燃油費(19,260円)がかかり、こちらは別途払わなければなりません。

ホノルル行きを検索してみた結果↓
milagetokuten

まぁ一応2人分合わせて実質19,260円だけの負担でハワイに行けるのでお得っちゃお得なんですが、2月の平日にハワイなんて行けませんw

 

スカイコインに変えた場合↓

現在、主人との合算で約60,000マイル分をスカイコインに変えたとしたら・・・

milageskycoin

 

ワイドゴールドで50,000マイル以上なので交換率が1.6倍になり96,000スカイコインになります。同じような時期のホノルル行き航空券の最安値を調べると83,640円なので、スカイコインで払って12,360コインが余ります。しかもこの83,640円は税金、燃油サーチャージ込みの値段なので、実質持ち出し無しで購入できます。

さらに、ハワイまでの往復分のマイル(3,830マイル)も貯まります

つまりまとめると・・・・

  • <マイル特典航空券でホノルルまで行った場合> 60,000マイルー55,000マイル
    = 残り:5,000マイル 持ち出し:19,260円
  • <スカイコイン使用でホノルルまで行った場合> 60,000マイルx1.6=96,000スカイコイン 96,000-83,640
    = 残り:12,360スカイコイン+3,830マイル(搭乗分) 持ち出し:0円

これなら明らかにスカイコインの方が得なんじゃ・・・。いえ、実際の所はわかりませんが・・・。 交換率を考えたら最低でも1.5倍以上で換えたい。そうなれば結構お得感が出ます。

まぁでも結局特典航空券も繁盛期はほぼ取得不可能だし、スカイコインを使うにしても繁盛期はそもそもの価格が高くて結局持ち出しになる・・・。平日だろうと関係なく旅行にいける人が上手く活用できるサービスなんでしょうね~。

 

まとめ

マイルをガンガン貯めたい!という人にはANAワイドゴールドカードは本当にオススメです。ただし、年会費が1万円程度かかることと、買い物はほぼ全てカードでするくらいの勢いでないとあまり(マイルが)貯まりません。私はマイルが足りない時は楽天やTポイントからANAマイルにポイントを変換して集めてきます(笑)。そうすると結構貯まりますよ。

クレカのポイントは1つのものに絞ることをオススメします!

スポンサーリンク

 - 所有するクレジットカード , , ,