ククーモナミ!☆

4歳&0歳姉妹の育児。ディズニー英語システム(DWE)の詳しい解説、その他の幼児教育の紹介も!

(3歳~)4歳の娘が好きな絵本を紹介&レビュー 2/2

      2017/08/31

(3歳~)4歳の娘が好きな絵本を紹介 – 童話・おとぎ話・昔話系も理解できるように

子どもがハマる絵本ってだいたい一般的に人気になっている絵本なんですよね。で、そのような人気の絵本は図書館で探しても大抵貸出中(苦笑)。結局自分で買わなければならないのですが、絵本はよっぽどお気に入りの絵本でないと買ってもすぐに飽きちゃいますからね。本棚も一気に埋まっちゃうし。

参考記事:(2歳~)3歳の娘が好きな絵本ランキングベスト10

参考記事:(3歳~)4歳の娘が好きな絵本を紹介&レビュー 1/2

参考記事:【4歳】DWE1年6ヶ月目 – 今まで読み聞かせたおすすめの英語の絵本

なのでやっぱり図書館で借りるのですが、前もって借りたい本を調べてリストアップしていって、片っ端から検索をかけて在庫があるものを借りる、というようにしています。

スポンサーリンク

3歳を超えてから絵本の好き嫌いも増えてきて、好きじゃない絵の絵本は「やだ~」と読みません。最近は色々と検索するのも面倒なので(笑)好きな作者のシリーズ物で繋いでいます。

(3歳~)4歳の娘が好きな絵本を紹介 – 不思議な話系

3~4歳娘が好きな絵本 -『あけるな』谷川俊太郎

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あけるな [ 谷川俊太郎 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/2/13時点)

『あけるな』レビュー

あらすじは・・・正直よくわかりません(笑)。扉を次々に開けていくとその先に不思議な情景が広がっている・・・といった感じです。文字数はかなり少ないので読もうと思えば一瞬で読み終わってしまいますが、娘は隅々まで絵を眺めていてそれなりに時間がかかりました。内容は物語というより詩っぽい感じです。大人向けといえば大人向けのような気もします。ですが、たまには子どもにこのような絵本を読むのも良いのではないでしょうか。借りている間は子どもは気に入って何度も読んでいました。

3~4歳娘が好きな絵本 -『とらのゆめ』

『とらのゆめ』レビュー

これも不思議なお話で、あらすじといったあらすじはありません。とらがみている夢をたんたんと描いています。実はこの絵本は私が子どもの頃に読んだことがあり、大人になるまでたまに思い出して「あの絵本また読みたいなぁ」と思っていました。今はネットがありますから、調べたら一発で出てきました^^; トラはリアルに書かれており、可愛くデフォルメされていたりしません。ですが、怖さや獰猛さは感じることなく、「こんな夢みてるのかな~」とホンワカします。特に起承転結があるわけでもないのに、大人になっても忘れない絵本ってすごいなぁ。名作だってことだろうな~。

3~4歳娘が好きな絵本 -『めっきらもっきらどぉんどん』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

めっきらもっきらどおんどん [ 長谷川摂子 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/2/13時点)

『めっきらもっきら どおん どん』あらすじ

休日に誰も遊ぶ相手がいないカンタは神社へ行ってめちゃくちゃな歌を歌った。すると突然異次元に吸い込まれ、そこで出会った化け物たちと楽しい時間を過ごす。やがて寂しくなり「おかあさん!」と叫んでしまった為に元の世界へ戻ってきてしまう。以来カンタは何度も神社へ行ったけれど、どうしてもその歌が思い出せないのだった。

『めっきらもっきら どおん どん』レビュー

懐かしい!!私が大大大好きだった絵本です。しゃべり方や本の中に出てくる遊び方などから、どちらかといえば男の子向きの絵本ですが、私の子どもの頃と同じように、娘は大好きになりました。上で紹介した2冊とは違い、起承転結がしっかりありますが、読了後に不思議な感覚が残る絵本です。オバケたちと心行くまで遊び倒す!!というのがうらやましいみたいです(笑)。

(3歳~)4歳の娘が好きな絵本を紹介 – 外国のおとぎ話・昔話・童話など

日本の童話も読みますが、このくらいの歳だと外国の童話の方が好きみたいです。日本の童話は絵がつまらないのかなー?

3歳娘が好きな 外国の絵本 – 『こびとのくつや』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こびとのくつや [ ヤーコプ・グリム ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/2/13時点)

『こびとのくつや』レビュー

グリム童話です。貧しい靴屋が最後の一足分の革を残して寝たが、朝起きてみると立派な靴が出来上がっていた。その靴がすぐに売れたので売れたお金で2足分の革を購入。次の朝やはり2足の立派な靴ができあがっていた。そのようにしてどんどん靴が出来、お金が増えてお店は豊かになっていったが、ある日「誰が作っているのだろう?」と朝まで起きて待っていてみると、小さな裸の小人2人がせっせと靴を作っていた。靴を作ってくれたお礼に、と小さな服を作っておいて置いたら小人は喜んでその服を着て、外に出て行き二度と靴屋に現れませんでした。靴屋その後幸せに暮らすことができましたとさ~。

「寝ている間に不思議なことが起こってる」系の話です。今となってはありきたりな話かもしれませんが、やはり名作童話はいつまでも語り継がれるのだなぁと思いました。悪人が一切出てくることなく、気楽に読めます。娘は、小人がせっせと靴を作っているシーンが大好きで目を輝かせてみていました。

3歳娘が好きな 外国の絵本 – 『天の火をぬすんだウサギ』

『天の火をぬすんだウサギ』レビュー

その昔、地上に火がなかったので暗くて寒かった。天に暮らす天の人だけが火を独り占め(?)していた。地上にいる動物達は話し合って天から火をぬすんで来る事にした。一番すばしっこいウサギがその役を引き受け、天の人達をだまして火を羽かんむりにつけて逃げる。天の人はどこまでも追ってくる。走ることに疲れたウサギはリスに、リスはカラスに、アライグマ、七面鳥、と羽かんむりをバトンタッチしていき、最後に自分のしっぽに火をつけたシカが森に頼んで火を隠してもらった。やがて天の人は諦めて帰って行った。ウサギは木と木をこすり合わせると火を取り出せることを知っていたので、それからというもの地上で火を好きな時に使うことができるようになった。

北米インディアンに伝わる火の起源の伝説?を基にした話らしいです。対象年齢はもう少し上かも。火がついた羽かんむりをバトンタッチしていく所で、それぞれの動物ごとにその「火を頭に載せていたのでこうなった」というその動物の特徴のルーツが織り込まれています。

例えば・・・

  • リスは火の粉のせいでしっぽが丸くなった
  • カラスは煤で真っ黒になった
  • シカは昔はしっぽが長かったが、しっぽに火をつけたので短くなった

などなど。細かい話が入っているのも大人の私が読んでもおもしろかったです。天の人たちに追われているシーンはなかなか迫力もあって娘は「つかまっちゃう~!」と興奮して言っていました。絵本としてはかなり良い出来ですが、3歳の娘は100%理解できてなかったと思います。それでも、かなり気に入っていたようで何度も読むようにせがまれたので娘を惹き付ける独特の魅力があったのでしょう。

3~4歳娘に読んだ親がオススメする絵本

その他、たまたま読んで親の私が気に入った絵本を紹介します。

3~4歳娘に読んだ親がオススメする絵本- 『さんびきのこねずみとガラスのほし』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さんびきのこねずみとガラスのほし [ たかおゆうこ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/2/13時点)

『さんびきのこねずみとガラスのほし』レビュー

クリスマス用に借りた絵本の中でも一番印象に残った絵本がこちら。日本人の女性絵本作家さんの書いた絵本。3匹のこねずみはフェンスの向こうにあるガラクタ置き場に遊びに行きたかったけれど、パパママからなかなかお許しがでません。その一方で5つのガラクタ達が自分達の過去について「あの頃は自分も○○の役に立っていた」とため息をつきながら話していました。ただ、そのうちの1つ、ガラスのかけらだけが自分が何かの役に立った記憶がありません。やがて3匹のこねずみがガラクタ置き場に行くことを許されて遊びに行くと、さっそくその5つのガラクタを見つけて家に持ち帰りました。そこでそれぞれのガラクタ達はねずみの家で新たなアイテムになり、ねずみの家の中で役に立っていくのでした。

ものすごくよくまとまっている絵本だと思いました。一度は捨てられたガラクタ達が見事に生まれ変わって新しい”存在”になっていく・・・。絵も綺麗だし文字数もちょうど良いです。リサイクルの素晴らしさも表現されていると思います^^。クリスマスを題材にした絵本といえばサンタさんがやってきて~という内容が多いと思いますが、”クリスマス”はあくまでも脇役でねずみたちとガラクタ達の素敵なめぐり合いが話のメインです。是非子どもに読んであげて欲しい1冊です。

3~4歳娘が好きな絵本 – まとめ

3~4歳の間にかなりの絵本を読みましたが、絵本も微妙な内容の物が結構多かったです(笑)。内容の良い絵本はずっと記憶に残るもので、1年くらい前に読んだ絵本もちゃんと覚えていました。娘も好き嫌いが似ていて、私が「ビミョー・・・」と思った絵本は2回目から「読んで」といわないことがほとんどでした。子どもが好きな絵本は大人が読んでも楽しいんだなぁと実感しましたね。

また気が向いたら絵本の紹介をしていきたいと思います。また、超おすすめ!という絵本があったら教えてください~!

↓DWE無料サンプルとポスターの申し込み。サンプルは勧誘は一切されません(笑)

 - 我が子の好きな物ランキング , ,