年収1000万~のリアルな生活☆

決して楽ではない年収1000万円の生活の全てを公開します。ふるさと納税返礼品レビューやディズニー英語システム(DWE)の詳しい解説も☆

3歳娘と休日にあらかわ遊園に行ってみた。

   

夫は土日も仕事でいないので私達母娘はいつも暇・・・。とはいえ、3歳の娘と遠出するのも結構かったるい。車もないし。3歳って遊べる場所もかなり限られているので結局いつも近所の公園や室内遊技場で終わります・・・。

そんなある日、なぜか思いつきで『あらかわ遊園』に行ってきました。

あらかわ遊園とは・・・・

スポンサーリンク

荒川区にある小~~さな遊園地。何でもかんでも民営化が叫ばれるこの時代になんと区営。大正時代から続く由緒正しき?区民の憩いの広場です。

あらかわ遊園ってどうやって行くの?

車で行く場合は駐車場確保のために早めに行きましょう。周辺は普通の住宅地なので台数は限られていると思われます。

月曜~金曜日 30分100円 1日500円
土曜・日曜・祝日、春・夏・冬休み期間 1時間300円

私達は当然ですが、電車で行きました。地下鉄を乗り継ぎ王子駅で都電荒川線に乗り換えます。

都電荒川線都内に2線残る路面走行がある電車の内の1つ(もう1つは世田谷線)。

ホームでは長い行列が出来ていて焦って列に並びましたが満員で乗れず・・・次の電車になりました。結構利用者多いんですね。

王子駅から10分くらいで荒川遊園地前駅に到着。駅前はコンビニ他店舗が4~5軒ポツリポツリと見えるくらい。あらかわ遊園はここから徒歩5分くらいの所にありますが、遊園地に行くまでの道は運動場やプールの横の遊歩道を歩くので3歳児連れでもそんなに苦じゃありませんんでした。

そのパーク手前にあるプールでボート遊びが開かれていたのでそれを見た娘が「乗りたい乗りたい!」と・・・。

s-20160320_052123000

小学生以上 200円
未就学児 100円

券売機で300円分のチケットを買い乗車。うん、まぁ普通のボート遊びです(笑)。乗車時間は4分くらい。それでも娘はかなりエキサイティング。

寄り道しましたが、ようやくパークに着きました。

あらかわ遊園

意外と立派な観覧車。住宅街の中に突如現れます。

あらかわ遊園

娘は3歳なのでスカイサイクル(高い所にあるレールの上を自転車みたいな乗り物で漕いでいくアトラクション)以外は全て乗れます。運行終了時間は16:30までと早め。

入り口で入場料200円を払っていざ入園。結構混んでいたし、あまりガツガツアトラクションに乗るつもりは無かったのでフリーパス(大人1200円、中学生以下500円)は買いませんでした。その代わり、回数券500円分(6枚)を購入。

全てのアトラクションの利用券の枚数は

子ども(2歳以上中学生まで) 1枚
大人 2枚

と一律なので、1つのアトラクションにつき3枚、つまり2つのアトラクションに乗れることになります。

パーク内はかなり混雑していました!!まずは一番人気(?)のローラーコースターに乗ろうと列に並びましたが・・・

あらかわ遊園

す、すごい列・・・。なんと60分待ち!!

3歳の娘と二人で60分列に並び続けるなんて・・・できない・・・。。。でもせっかく来たんだし、なんとか頑張って並んでみよう!と60分頑張りましたw
ラッキーなことに、前後に並んでいた同い年くらいの子ども達と一緒に遊び始めたので子どもも飽きずに60分待つことができました。父母両方いれば交代で列から離れることもできますが、母子だけだとなかなかトイレにも行けません。ただ、あらかわ遊園は回りも子連れだらけなので列の後ろの人に「すみません、ちょっとトイレに行きたいので抜けてもよいですか」と一言断れば「あ、大丈夫ですよ~」と言っていただけます。ありがたいことです。

この絶叫無縁コースター、定員数が子どもの人数で設定されているので、大人が乗ると子ども2人分としてカウントされるのです。なので、大人が3人いたら6人ということになるので、毎回空席ができます。それもありなかなか前に進みません・・・(汗)60分待って乗ってみれば40秒くらいで終わってしまいます(笑)

はっきりいって60分も並ぶ価値は大人にとっては全くありませんが、3歳児が乗れるコースターなんてめったにありませんからね、乗ってよかったと思います。でも、平日に来ればよかったかな。

 

その後、売店で腹ごしらえ。

あらかわ遊園

 

メニューは意外と豊富・・・

  • 中華丼 630円
  • カレーライス 470円(並) 570円(大)
  • 牛丼 480円
  • おでん 420円
  • 焼きそば 420円
  • チキンナゲット 320円
  • たこ焼き 380円
  • フランクフルト 280円
  • アメリカンドッグ 280円
  • フライドポテト 250円
  • ソフトアイス 300円
  • ペットボトル各種(500ミリリットル) 160円
  • ペットボトル(温・280ミリリットル) 130円
  • 生ビール 450円
  • ホットコーヒー 230円
  • アイスコーヒー 280円
  • メロンパン(金曜・土曜・日曜のみ) 220円

公式HPより

ビールまで売ってます。区営だけど頑張ってるな~あらかわ遊園。

売店でポテト、アメリカンドッグを買って、自販機でジュースとコーヒーを買いました。これでもう800円くらいするから決して安くは無い(笑)

 

もう一つアトラクションに乗れるので、待ち時間がほぼなかった豆汽車に乗車。

あらかわ遊園
ゆる~いw ウエスタンリバー鉄道の1/20くらいの規模です。即効終わりますw
でも、娘はこんなゆるい汽車も大好きなんですよね~。

あらかわ遊園

ちびっこ広場。普通の公園と変わりません。

あらかわ遊園

ちょっと見えづらいのですが奥に釣堀があります。(大人1300円、4歳~中学生まで400円/一日 別途えさ代)

あらかわ遊園

しばふ広場。レジャーシートを広げてお弁当食べるもよし。

あらかわ遊園

もう閉まっちゃってたのですが左に見えるのが動物広場。ポニーの乗馬もありますが、かなり人気らしく(しかも一日の定員が先着40人)昼過ぎくらいに「締め切りました~」と放送が。

その他にもヤギ、羊、ウサギ、モルモットなどと触れ合うことができます。

 

17:00閉園ですが、16:30くらいには片付けが始まり、遊具にカバーをかぶせ始めるので返らなきゃな雰囲気になります。コースターなどの人気アトラクションは16時前には行列も〆切っていましたから、休日に色々遊びたい人は早めにいって15時くらいには遊び終わってるくらいのつもりでいたほうがいいかもしれません。

閉園後も娘は遊び足りなかったようで(昼くらいに行ったので・・・)運動場の手前にある遊具で少し遊ばせました。また、駅までの通りにすんごい昭和な雰囲気を醸しだしてるもんじゃ焼き兼駄菓子屋があるので是非立ち寄ってみてくださいw

 

すこし遅めに行ってしまった為にあまり満喫できなかったあらかわ遊園ですが、3~6歳の子にはピッタリの園でした。なんせお安いし、下手にディズニーランドにいって2~3万使ってトゥーンタウンに入り浸ってるなら、あらかわ遊園の方が全然遊べると思います。小学生にはちょっと物足りないかもしれません。

 

スポンサーリンク

 - 子連れ外出(未就学児と都内近郊へ) ,