アクアビーズの適正年齢は?4歳で遊べる?

年少の時に買ったアクアビーズ 年長になって遊び方が変化した

 

娘が年少(4歳の誕生日)の時にねだられて買ったアクアビーズ。お友達が持っていたからという理由でしたが、私はアクアビーズを見て「嫌だなぁ…」と思っていました。

だって、床にぶちまけそうだもん!!!ビーズは小さくてもタダじゃないし、かといって一粒ずつ拾ってられないし…あーイライラしながら拾う未来の自分が想像できる(笑)

でもどうしてもというので買ってあげました。何でもいいよというのに「でもこれはダメ!」は良くないですもんね。

アクアビーズってどんなオモチャ?

 

超~簡単に言うと・・・ビーズとビーズが水をかけるだけでくっつくオモチャです。

 

専用のトレイにビーズを並べて最後に水を掛けておいておけばそのうちくっついて完成!という感じです。

 

最初だから!とこのデラックスを買ってしまったのですが、コレ7,500円くらいするんですよ…。

これから買うという方、↓の「はじめてのアクアビーズ」で良いと思います。これなら3,200円くらいです。

このくらいのケースで十分です。これをベースに、ビーズを買い足して行けば良いと思います。

もっというと、ビーズだけで良いかも(爆)ケースは100均のアクセサリーケースで良いし、水も100均のスポイトでも買ってくればいいし、ぶっちゃけビーズペンもピンセットで良いです(というかピンセットの方がやりやすいです。先がとがっていないピンセットがおすすめ。)。

4歳児がアクアビーズで遊べるか

 

結論から言うと、全然ダメでした(笑)

4歳の頃に作った娘の力作をご覧ください。

 

謎の物体…。

 

 

これも。

 

 

ハートの型があるのですが、中身の色はバラバラ。一周回って芸術的なのかもしれません。

 

4歳の頃ははっきりいって「ただ水でくっつけて遊ぶ」だけのオモチャでしたねぇ。せっかくのビーズ(←安くない)なのにわけのわからない物体にされてかなりイライラしました(^^;

娘もそこまで楽しくなさそうな様子・・・。7,500円も出したのに「失敗だったな」と思いましたよ~!

 

あ、もちろん予想通りの『ビーズぶちまけ』も2回ほどやりました(´Д`)

 

下の子が生まれ、アクアビーズ封印

 

下の子が生まれてからは誤飲防止の為にアクアビーズは一時封印しました。

溶けて便と一緒に排出されると書かれていますが・・・溶けるというのが逆に不安^^;

 

長女も年中の間は忘れていたようですが、年長(6歳)の誕生日にお友達からアクアビーズで作ったティアラをもらい、アクアビーズ熱が再発。

 

「アクアビーズやりたい!!」と切望してくるので、どうしようか迷いましたが「次女がいない部屋でやること」「落としたままにしないこと」を条件に解禁しました。

 

6歳になるとちゃんとした物が作れる!

 

正直6歳になったとはいえ、2年前のむちゃくちゃな作品しか記憶になかったので全然期待していませんでした。

 

 

ちゃんと形になってる!!

 

 

 

立体的なものまで。

 

 

「ママにプレゼント!」なんてカワイイティアラを作ってくれましたよ。ういやつだ・・・。

 

今まで見たことのないような集中力を発揮してせっせと作っていました。

 

 

4歳の頃の作品と6歳の頃の作品はすぐに見分けがつきます。

 

ちょうどこの頃DWE「ディズニーの英語システム」でイエローキャップを取得したのでご褒美として追加のビーズを買ってあげました。

これです。やっぱり女子はキラキラが好きなんですねぇ。

 

アクアビーズの適正年齢は?4歳で遊べる? – まとめ

 

うん、4歳じゃ無理(笑)。早い子は4歳でも遊べるかもしれませんが、やはりオモチャに記載されている対象年齢(アクアビーズは6歳~)って正しいんですね~。

 

でも早くても5歳くらいからかな。あまり早く買うとビーズを無駄に消費されるだけだし、誤飲や耳に入れてしまうなどの事故も起こりかねないので、やはり6歳から買うことをおすすめします!